FXとは日本人向けの金融商品!震災後には豪ドルが買われる

FXとは日本人向けの金融商品!震災後には豪ドルが買われる

2011年2~4月にトータルで20万円以上稼ぐ

2011年2~4月の成績をFXブログに記載します。損益は10円単位で四捨五入をしてみました。震災後に6連敗もしていますが、3カ月のトータルでは20万円以上の利益になりました。

決済日通貨ペア
約定数量
損益(円)
20110420USD/JPY
3万通貨
+10,900
20110420EUR/JPY
3万通貨
+48,600
20110406USD/JPY
3万通貨
-4,400
20110406USD/JPY
3万通貨
+13,200
20110404AUD/JPY
5万通貨
-25,000
20110404EUR/JPY
3万通貨
-15,100
20110401USD/JPY
5万通貨
+5,000
20110328AUD/USD
3万通貨
-6,200
20110331USD/JPY
3万通貨
+6,000
20110330EUR/JPY
3万通貨
+6,000
20110328AUD/USD
3万通貨
+2,400
20110328AUD/USD
1万通貨
+4,900
20110328EUR/JPY
3万通貨
+1,000
20110318AUD/USD
1万通貨
+42,200
20110318AUD/USD
1万通貨
+32,200
20110318AUD/USD
1万通貨
+14,600
20110317AUD/USD
2万通貨
-48,100
20110317AUD/USD
1万通貨
-8,900
20110315AUD/USD
2万通貨
-10,000
20110315AUD/USD
1万通貨
-11,900
20110314AUD/USD
1万通貨
-3,400
20110314AUD/USD
1万通貨
-7,200
20110314AUD/USD
6万通貨
+85,500
20110314AUD/USD
3万通貨
+43,800
20110312USD/JPY
3万通貨
-7,300
20110312EUR/JPY
3万通貨
+7,100
20110312AUD/USD
5万通貨
+34,000
20110311EUR/JPY
3万通貨
-11,100
20110310USD/JPY
3万通貨
+1,400
20110225AUD/JPY
1万通貨
+1,500
20110215USD/JPY
3万通貨
+5,400

最近は通貨単位が3万~5万になり、保有期間は短いです。2009年11月にFXを初めて以来、だいぶトレードスタイルが変わってきました。

中期で豪ドル/円のスワップポイントを稼ぎながら、米ドルやユーロで短期売買、経済指標の発表時にはスキャルピングもするようになりました。

その中でもお気に入りは豪ドルです。豪ドルは4月に「1豪ドル=89円」を付け、東日本大震災後に急落したときと比べて15円以上も上がっています。「震災後の急落は何の意味があったのか」と疑問に思うほどの人気ぶりです。

震災後は一気に円高になってから円安に移行

2011年3月11日後の急落は、リスクに敏感な投資家による海外資産の売りが拡散したことが原因です。これは豪ドルだけではなく、主要通貨に対する円買いが行われました。

普通は「日本にマイナスの出来事が起これば円安」になるはずですが、直後の一時期だけ円安にブレたものの、一気に円高になりました。「日本の企業と個人が震災で円が必要になり、外貨を円に戻すだろう」という観測が強かったからです。

しばらく経っても、ダメージを受けたはずの日本の円が買われ続けました。例えば「1ドル=74円台、1ユーロ=107円台、1豪ドル=74円台」と異常な高値です。

この行きすぎた為替レートでは、日本の輸出産業が立ち直れません。そのため、世界各国による売り協調介入が実現しました。

4月になると、震災は世界経済を悪化させる見方も後退します。そうなると、今度はオーストラリア経済の強さに焦点があたり、豪ドルは急上昇に転じました。

元々、オーストラリアの政策金利は4.75%で、ゼロ金利政策下の日本では望めない高金利です。「1万豪ドル=約86万円」を買えば、1日110円程度のスワップポイントが付きます。レバレッジ10倍であれば、約8万6千円で1日110円も貰える計算です。

オーストラリアは石炭、鉄鉱石、小麦などの輸出国で、世界経済が好調のときは、輸出品への需要が増えて、オーストラリア経済にプラスとなります。

この特徴から日本だけが不況になっても、現在は世界経済が上昇傾向ですので、豪ドルの人気は増すと予想できます。

豪ドルは世界経済が回復するならじっくり保有して、スワップポイントと長期的な値上がり益の両方を狙います。まだユーロ危機や中東不安はありますが、リーマンショック時よりはマシであり、しばらくは豪ドルの存在感がアップするでしょう。

FXとは長期で豪ドルにおるスワップポイントを積み、短期で主要通貨のトレードを繰り返すことができる柔軟な金融商品です。

初心者も安心できるFX会社

DMM FX(DMM.com証券)
GMOクリック証券
本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2011.05.09
更新日更新日 2015.04.07
執筆者Kirito Nakano

関連する記事

RELATED ARTICLES
【漫画】第29話「戦争や地震などの有事で円高になる理由」
【漫画】第29話「戦争や地震などの有事で円高になる理由」
マンガでわかるFX FXブラザーズ
有事で日本円が買われる現象は2008年のリーマンショック以降であり、過去から未来にわたって保証された法則ではありません。ただ、2017年5月時点...
【漫画】第30話「FXアプリが動かない!端末や障害が原因」
【漫画】第30話「FXアプリが動かない!端末や障害が原因」
マンガでわかるFX FXブラザーズ
国内の大手FX会社ではシステムダウンはほぼ起こっていません。2015年7月に外為どっとコムでログイン不可、2015年8月に瞬間的に1ドル=116円まで...
【漫画】第27話「ナンピンや両建てでは稼げない理由」
【漫画】第27話「ナンピンや両建てでは稼げない理由」
マンガでわかるFX FXブラザーズ
ナンピンを駆使した手法はFXでは人気です。買ったあとに下がってしまったら再度買って、さらに下がってもまた買います。相場は波を打って動くため...

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
中野貴利人
中野貴利人
NAKANO KIRITO
株式会社ネットピコ代表取締役。著書にど素人でも稼げるネット副業の本など。過去の取材はメディア掲載履歴で紹介。

おすすめ会社

RECOMMENDED COMPANY

ピックアップ

PICKUP

部門別セレクト

DEPARTMENT SELECT

スポンサードリンク

SPONSURED LINK