【漫画】第21話「スワップ金利とは?2つの通貨の金利差」

中野貴利人
監修中野貴利人
株式会社ネットピコ 代表取締役

「毎日50円増える!?」

売買していないのに口座残高が50円増えている? えっ!?今日も50円増えている うわっ!また!?これは‥‥ FX会社からのごほうびだ!

「スワップ金利の仕組み」

スワップ金利? 例えば日本の金利は0.10%しかない だから日本円で豪ドルを買うと 1.40%の金利が貰える 仮に2016年に80万円で1万豪ドルを買っていたら

「年70万円の利益!?」

さらに豪ドルは2016年に80円から85円に上昇した 80万円の日本円を1万豪ドルに替えただけで年7万円も儲けたってこと? ちなみにレバレッジ10倍なら7万円×10倍=70万円の利益で合っている? スワップ金利って最高じゃん!

「スワップ金利で大損」

ただしスワップ金利は外貨ごとに異なるし FX会社でも差があるから事前に金額を確認したい これで夢の金利生活 豪ドル/円下がってるぞ スワップ金利が1日50円貰えても 為替レートが下がったら大損するじゃん!!
  1. 外貨を保持すると金利が付く
  2. 主要15カ国の政策金利リスト
  3. 受け取れるスワップ金利を計算
  4. スワップ金利でFX会社を比較
  5. 銀行の外貨預金と同じ仕組み
  6. 毎日数十~数百円を受け取る方法
  7. 円安で二重に得するスワップ金利
  8. スワップ金利が変わる3大要因
  9. 為替レートがスワップ金利に影響
  10. 金融危機でスワップ金利が減少

外貨を保持すると金利が付く

金利が異なる2国間の通貨を売買した際に発生する金利差を「スワップ金利」や「スワップポイント」と呼びます。このスワップ(swap)とは「交換する」という意味です。

厳密には高金利国と低金利国の間にある金利差を「スワップ金利」、その金利差で発生する利息分を「スワップポイント」、FXでは全体を総称して「スワップ」と定めています。

例えば、2018年1月時点のメキシコの金利は7.0%でした。そのとき日本の金利が0.1%であったため、金利差が6.9%発生します。

メキシコの金利7.0%-日本の金利0.1%=金利差6.9%

ここでメキシコペソ/円を10万通貨買ったとき、年間6.9%分、1日あたり約150円のスワップポイントがFXの口座に貯まっていきます。これは1年間では54,750円にもなる計算です。

このように低金利国の通貨を売り、高金利国の通貨を買って蓄えておくだけで、毎日金利が付くためにプラスの収入になり、逆に高金利国の通貨で低金利国の通貨を購入するとマイナスの支出となります。

日本は10年間も0.1%圏内をさまよっているほどの低い金利です。基本的には日本円でどの国の通貨を買っても金利差がプラスに生じます。そのため、FXとは「日本円を扱いやすい日本人に適した投資商品」です。

主要15カ国の政策金利リスト

主要16カ国の政策金利リスト

下記のグラフは日本とトルコの金利の比較です。2018年1月時点では日本は0.1%の超低金利国ですが、トルコは80倍の8.0%に達しています。イギリスは0.5%以上、米国は1.0%以上、オーストラリアは1.5%以上あります。

主要15カ国における金利の推移は下記のとおりです。価格が安い外貨を買って、価格が高くなったら売ることは、短期的に稼ぐFXの基本ですが、金利が安い日本円で金利が高い外貨を買うことも、長期的に稼ぐFXの方法です。

日本米国EU英国豪州
2018 0.101.500.000.501.50
2017 0.100.750.000.251.50
2016 0.100.500.050.502.00
2015 0.100.250.050.502.50
2014 0.100.250.250.502.50
2013 0.100.250.750.503.00
2012 0.100.251.000.504.25
2011 0.100.251.000.504.75
2010 0.100.251.000.503.75
2009 0.100.252.001.504.25
NZカナダ南アスイスノルウェー
2018 1.751.256.75-1.250.50
2017 1.750.507.00-1.250.50
2016 2.500.506.75-1.250.75
2015 3.501.005.75-1.251.25
2014 2.501.005.500.001.50
2013 2.501.005.000.001.50
2012 2.501.005.500.001.75
2011 3.001.005.500.252.00
2010 2.500.257.000.251.75
2009 3.501.0011.50.503.00
スウェーデントルコメキシコ中国香港
2018 -0.508.007.004.351.50
2017 -0.508.005.754.351.00
2016 -0.357.503.254.350.75
2015 0.007.753.005.600.50
2014 0.7510.003.506.000.50
2013 1.005.504.506.000.50
2012 1.755.754.506.560.50
2011 1.256.254.505.810.50
2010 0.254.505.310.50
2009 2.007.755.310.50

情報取得日 2018年1月時点

低金利国の通貨で高金利国の通貨を買うほど金利差が生まれ、その外貨を保持しているだけで金利が得られます。

例えば、日本円の金利が0.1%、豪ドルの金利が1.5%のとき、日本円で豪ドルを買えば、差し引き1.4%の金利が得られます。逆に豪ドルで日本円を買うと、差し引き-1.4%の金利の負担になり、持てば持つほど損をします。

受け取れるスワップ金利を計算

為替レート、レバレッジ、スワップ金利から1万通貨あたりに必要な自己資金額とスワップ金利の受取額と利回りを計算します。

例えば「1豪ドル=100.00円」のとき、1万豪ドルで1日あたり50円のスワップ金利が付く場合、為替レートに「100.00」、スワップ金利に「50」を入力した上で、レバレッジを指定します。

為替レート
スワップ金利
レバレッジ

自己資金
年間スワップ
年利

この計算結果はスワップ金利が変動しないと仮定していますが、実際は年に数回ほど、各国の中央銀行が金利の変更を発表します。

スワップ金利では利回りの高さと安定性が重要ですので、高金利国の格付けからレバレッジを決めることも大切です。為替変動リスクに備えながら、スワップ金利で収益を得るならレバレッジは低めに設定しましょう。

スワップ金利でFX会社を比較

スワップ金利はFX会社によって大きく異なります。スワップ金利を預金代わりにするなど、長期的なプランを考えている場合、なるべくスワップ金利の高いFX会社を選びましょう。

金利が高めで比較的安定している豪ドルとNZドルに加え、高金利で値動きが激しい南アフリカランドのスワップ金利を比較してみたところ、FX会社でかなりの差がありました。

会社名オーストラリア日本ニュージーランド日本南アフリカ共和国日本
DMM FX30円38円10円
GMOクリック証券29円39円10円
外為オンライン20円30円5円
外為ジャパン30円38円10円
FXブロードネット18円30円5円
FXプライム byGMO25円35円8円
JFX50円60円15円
SBI FXトレード33円41円13円
YJFX!34円39円13円
セントラル短資FX33円40円10円
ライブスター証券32円39円13円
外為どっとコム21円32円9円
岡三オンライン証券37円47円16円
楽天証券(楽天FX)27円33円9円
FXトレード・フィナンシャル(FXTF MT4)26円36円11円
IG証券25円38円11円
OANDA JAPAN非開示非開示非開示
アイネット証券32円39円13円
インヴァスト証券(シストレ24)0円0円0円
インヴァスト証券(トライオート)25円30円10円
デューカスコピー・ジャパン22円25円14円
みんなのFX30円28円10円
ひまわり証券20円30円5円
ヒロセ通商50円60円15円
マネーパートナーズ28円36円11円
松井証券非開示非開示非開示
AFT非開示非開示非開示
FOREX.com21円27円15円
SBI証券36円39円13円
アイフォレックス非開示非開示非開示
アヴァトレード・ジャパン非開示非開示非開示
サクソバンク証券14円26円16円
マネックス証券35円44円13円
マネースクウェア・ジャパン14円14円5円
上田ハーロー33円36円11円

情報取得日 2018年1月時点

豪ドル/円で比較してみるとJFXヒロセ通商が最高水準である一方、取引高や口座数で業界トップクラスのDMM FXGMOクリック証券などのスワップ金利は高めながら横並びです。

ただし、豪ドル/円などの金利が高いFX会社は、米ドル/円などの金利を低くしている傾向が目立ちます。例えば、豪ドル/円で金利が高いヒロセ通商も、米ドル/円の金利では5円です。逆にGMOクリック証券は米ドル/円の金利が41円もあり、逆転しました。

つまり、日常的にFXをする人は米ドル/円などのスプレッドが狭く、スマホで取引しやすい人気のFX会社を利用し、豪ドル/円に長期投資をしたい人はスワップ金利の高いFX会社を選択するといった使い分けがベストです。

銀行の外貨預金と同じ仕組み

銀行の外貨預金とFXのスワップ金利は同じ仕組みです。例えば、日本円で豪ドルを購入すると金利差が発生して、どちらも差分が受け取れます。ただし、FXのスワップ金利には3つのメリットがあります。

項目銀行の外貨預金FXのスワップ金利
金利低い高い
手数料高い安い
受取日数カ月~1年後毎日

豪ドルに投資したとき、2018年1月時点ではみずほ銀行の外貨定期預金は金利が0.8%しかありませんが、ヒロセ通商のスワップ金利は2.2%相当でした。年間で2倍以上の差が発生しており、FX会社のほうが金利が高いです。

1豪ドルあたりの手数料もみずほ銀行の外貨定期預金は2円50銭ですが、FX会社のスプレッドは0.7~1銭程度です。つまり、FX会社によっては10倍や100倍も手数料が違います。銀行は人件費が高いことが1番のネックです。

受取日も銀行の外貨預金は1カ月物や2カ月物、1年物などの種類がありますが、期間が短いほど金利が安くなりますし、いずれにしてもFXのスワップ金利のように毎日を分割して受け取れません。

また、誤解しやすいですが、銀行の外貨預金は決して元本保証ではありません。銀行の外貨預金も為替レートの変動次第で損するリスクは変わりませんし、為替レートが有利に働いて、為替差益を享受する可能性もあります。

さらにFXのスワップ金利は売りたくなったときは24時間いつでも売買できますし、通貨ペアの種類が多いために選択肢もあります。予測に自信があるときはレバレッジをかけて、利益を倍々にすることもできます。

毎日数十~数百円を受け取る方法

レバレッジで10%以上のスワップ

2018年1月時点では1万豪ドルは1日50円、1年間で18,250円ものスワップ金利が付きます。為替レートが「1豪ドル=80円」のとき、手元にある80万円を投資したなら、年利で2.28%に相当です。

仮に手元に80万円がなくても、レバレッジが2倍なら40万円で済みますし、レバレッジが5倍なら1/5の16万円で80万円分の外貨が購入できます。

レバレッジを増やしても、取引額が変わらないならスワップ金利も18,250円と変わりません。むしろ、年利は手元の16万円に付くため、11.41%に換算できます。レバレッジに比例して、年利もその分アップしていくわけです。

18,250円÷16万円=0.11406=11.41%

また、手元に80万円を用意して、レバレッジを10倍にすると800万円分の取引になります。その結果、受け取る額も10倍の182,500円となり、一気に資産は増えるかもしれません。

ただし、10倍以上の高いレバレッジは同時にハイリスク・ハイリターンとなりますので、実際の取引では高くても5倍、初心者は1~3倍くらいに抑える注意が必要です。

80万円で年間2万円を受け取れる

豪ドル以外の通貨でも同様です。2018年1月時点のニュージーランドドル/円のスワップ金利は、1万通貨の買いで60円ほど貰えます。このとき「1NZドル=80円」なら、80万円で1日60円、年間21,900円が受け取れます。

さらにレバレッジが2倍なら「80万円÷2倍=40万円」となり、それでスワップ金利が21,900円が受け取れるため、年利換算で5.4%です。ちなみに2018年1月時点の銀行は定期預金でも0.05%もありません。

実際には為替レートが常に変動しているため、スワップ金利も毎日変化しますし、仮に為替レートが円高に大きく変動したら、証拠金以上に損をする可能性もあります。

しかしながら、それでもスワップ金利はFXの魅力であり、日々のトレードを一切せずにレバレッジを活用してスワップ金利のみで利益を上げる「スワップ派」と呼ばれる人がいるくらいです。

円安で二重に得するスワップ金利

円安で二重に得するスワップ金利

スワップ金利はポジションが買いか売りかで大きく異なります。金利が低い日本円と金利が高い豪ドルで考えてみますと、2018年1月時点では日本円の金利が0.1%に対して、豪ドルの金利が1.5%でした。

このとき「日本円を売って豪ドルを買う」という買いポジションの場合、0.1%の金利を支払って1.5%の金利を受け取るので「1.5-0.1=1.4%」の金利が収益となります。スワップ金利は日割りで計算されるので、この金利差によるスワップ金利を毎日受け取れます。

さらに日本円よりも豪ドルの価値が上がる、つまり円安になっていれば、為替収益とスワップ金利の両方で儲かることもできます。日本円で高金利国の通貨を購入したときは、円安になるほど収入が増えていきます。

一方「豪ドルを売って日本円を買う」という売りポジションになると、1.5%の金利を支払って0.1%の金利を受け取るので「1.5-0.1=1.4%」の金利が損失となります。

これではスワップ金利だけで考えると損をしますが、円高になればスワップ金利以上の為替収益が獲得できて、合算では得をするケースもあります。海外の投資家はスワップ金利を無視して、日本円を買っていることがありますが、この場合は「円高になる」と予想しているからです。

スワップ金利が変わる3大要因

スワップ金利は常に1日50円が貰えるわけではありません。①通貨ペア、②売買タイミング、③FX会社で異なります。スワップ金利で稼ぎたい人はこの3つを事前に確認し、長期的な収益を予測しましょう。

①の通貨ペアでは2018年1月時点で豪ドル/円は1日50円程度ですが、米ドル/円は30円程度、英ポンド/円は10円程度、ニュージーランドドル/円は60円程度です。南アフリカランド/円は150円を超えてきます。

また、ユーロ/円が-10円のように、逆に支払うこともあります。日本円で豪ドルを買うのではなく、豪ドルで日本円を買ったときも、逆にスワップ金利を支払う、厳密には口座からスワップ金利分が毎日引かれていきます。

②の売買タイミングでもスワップ金利には差があります。豪ドル/円は2018年1月時点では1日50円程度ですが、2007~2012年は1日150円以上も貰えました。金利は1~4カ月の間隔で0.1~0.5%程度変わっていきます。

③のFX会社は要注意です。銀行によって定期預金や外貨預金の金利が違うように、FX会社のスワップ金利もかなりの差があります。同じ豪ドル/円でも1日50円ではなく、30円や20円しか貰えないFX会社も多いです。

為替レートがスワップ金利に影響

スワップ金利はFX初心者も利益を出しやすい仕組みですが、スワップ目的で購入した外貨は、為替レートの影響を受けることは理解したいです。

例えば「1豪ドル=80円」のときに、レバレッジを10倍に設定して、80万円分の1万豪ドルを元手8万円で購入しました。1年後にはスワップ金利により、2万~3万円の利息が付くかもしれません。

しかし、これは為替レートが変動なしのケースです。実際には2009年のように豪ドルが20円も上昇した年もあれば、2010年のように年始から年末までで1円以下しか動かなかった年もあります。

仮に「1豪ドル=70円」まで下がると、1万豪ドルが70万円分の価値しかなくなります。80万円から10万円も減少したので、元手の8万円は-2万円になってしまいました。

これにスワップ金利の2万~3万円を加算しても、トータルで7万~8万円の損失に達します。レバレッジ次第では為替レートがスワップ金利の利益を飲み込む可能性があるわけです。

逆に「1豪ドル=90円」にまで上がると、10万円の収益に加えて、スワップ金利の2万~3万円が貰えるので、トータルで12万~13万円の儲けになります。8万円は1.5倍以上に膨らむわけです。

そのため、長期的に値上がりする通貨を見極めたり、年単位で保持する通貨を切り替えるなどの対策が必要です。もしくは値動きの異なる通貨ペアを数種類購入することで、リスクを大きく減らす方法があります。

例えば、米ドルと日本円は逆の動きをすることが多いため、両方購入して為替レートの損益は相殺し、スワップ金利の利益だけを貰います。ユーロやスイスフランも同様に相反する動きをしやすいです。

このような相殺できる通貨ペアの組み合わせはいくつかあります。FXは為替ではなくスワップ狙いである人は、リスク分散のために複数の通貨を保持しておくこともありです。

金融危機でスワップ金利が減少

各国の政策金利が大きく変動したきっかけは2008年のリーマンショックでした。主要国の金利は半分以下、米国も0%に設定します。スワップ金利で稼いだ人たちは収入が減り、円高が追い討ちをかけて大損もしました。

日本以外の多国間で通貨を売買していると、金利の値が逆転してしまう経験もあります。そうなると、スワップ金利はマイナスとなって金利差を支払うことにもありますし、通貨高を伴うと為替差益でも損をします。

ただし、リーマンショックは「100年に1度」と揶揄されており、このような事象は早々起こらないと見られています。実際に2011年、2012年、2013年と世界経済は徐々に回復を見せて、外国為替市場も安定してきました。

2017~2018は米国を中心に経済が回復基調に乗り、金利も上昇し始めています。その一方で日本は10年以上も政策金利が0.1%で変わっていませんし、ユーロやスイスの欧州圏にいたってはマイナス金利です。

オーストラリアの政策金利も2009年1月の4.25%から2017年1月の1.5%までに下がりました。豪ドルの金利が下がるたびに投資家からは「もう豪ドルには投資できない」といった悲観的な意見があがります。

しかしながら、これから投資をする人たちからは「1.5%でも十分な金利だ、むしろ戻る余地がある、これ以上は下げにくい」と前向きな意見も少なくないです。

特にリーマンショック時に損をしていない人たちは、資金も減っていないわけですし、スワップ金利で利益を出すチャンスは十分にあります。

また、各FX会社でスワップ金利に差があることは注意したいです。この差はFX会社の実質的な手数料の1つになっているため、なるべくスワップ金利が高いFX会社に預けることが得策です。

スワップ金利が高く、日常的にも使いやすいFX会社ではJFXヒロセ通商が有名です。高いスワップ金利と低いスプレッド、わかりやすい画面レイアウトでトレードもしやすく、資金が一元管理できます。

レバレッジを高くしすぎなければ、初心者でもローリスクでスワップ金利を貯められます。日本の銀行に預けてもわずか利息しか受け取れません。外貨を購入するだけで2%や3%などの金利が得られる魅力がFXにはあります。

【漫画】第22話「初心者向けにFXの基礎知識とやり方を解説」

初心者も安心できるFX会社

DMM FX
GMOクリック証券
本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2017.01.19
更新日更新日 2018.05.22

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
中野貴利人
中野貴利人
原作・執筆・編集
株式会社ネットピコ代表取締役。著書にど素人でも稼げるネット副業の本など。過去の取材はメディア掲載履歴で紹介。
コダイラショウヘイ
コダイラショウヘイ
作画
東京都小平市出身の漫画家兼イラストレーター。4コマから似顔絵まで、笑えるモノを描きまくってます。

関連する記事

RELATED ARTICLES
【漫画】第22話「初心者向けにFXの基礎知識とやり方を解説」
【漫画】第22話「初心者向けにFXの基礎知識とやり方を解説」
FXとは「FX会社に資金を預けて、海外の通貨を売買する仕組み」です。一般的には「Forex、外国為替証拠金取引、外為」とも呼ばれており、正式には...
【漫画】第20話「FXの失敗例!大損から破産した人まで」
【漫画】第20話「FXの失敗例!大損から破産した人まで」
大損する人の特徴は「①下がっても戻ると信じ込む、②取引ルールを守らない、③レバレッジを高くする」でした。どれも自己中心的な考...
【漫画】第45話「外貨両替のお得な方法!手数料とレートを比較」
【漫画】第45話「外貨両替のお得な方法!手数料とレートを比較」
日本円を外貨に替えるときの為替レートや手数料は、両替する場所や運営元の企業によって差があります。その中ではFX会社と外貨宅配がお得であり、両...
【漫画】第44話「自動売買で比較!リピート系からMT4まで全5種」
【漫画】第44話「自動売買で比較!リピート系からMT4まで全5種」
FXの自動売買とは「あらかじめ決めたルールに従って、システムが自分に代わって取引を行うこと」です。ビギナーでも扱える数値を選ぶだけのタイプ...
【漫画】第46話「スキャルピングとは?5つのルールで勝率アップ」
【漫画】第46話「スキャルピングとは?5つのルールで勝率アップ」
FXの手法はトレードする期間によって、超短期のスキャルピング(スキャルピング)、短期取引のデイトレード(デイトレ)、中期取引のスイングトレ...

おすすめ会社

RECOMMENDED COMPANY

ピックアップ

PICKUP

部門別セレクト

DEPARTMENT SELECT

スポンサードリンク

SPONSURED LINK