マネーパートナーズ(パートナーズFX)

マネーパートナーズのFXの特徴

マネーパートナーズ

ポイント1

100通貨の少額取引ができる

マネーパートナーズにはプロも御用達の「パートナーズFX」と初心者に最適な「パートナーズFX nano」という2つの口座が選べます。大きな違いはパートナーズFX nanoのほうが取引するときの最小単位が小さいことです。

通常、FX会社は大口の取引してほしいため、最小取引単位を1万通貨にしているところが多いですが、これでは「1ドル=100円」のときに「100円×1万通貨=100万円」が必要です。

それがパートナーズFX nanoでは100通貨から取引できるために「100円×100通貨=1万円」で済みます。そこにレバレッジを使うと、必要な資金はレバレッジ1倍では1万円ですが、25倍にすると最低400円まで下がります。

ポイント2

取引手数料がかなり低い

実質的な売買手数料を意味するスプレッドは、パートナーズFXでは米ドル/円が0.5銭です。これは100万円分の米ドルを売買しても、50円しか支払わない計算です。株式投資では数百円、外貨投資では10倍はかかります。

さらに初心者向けのパートナーズFX nanoでは、米ドル/円のスプレッドが0.3銭にまで下がります。ユーロ/円は0.6銭、英ポンド/円は1.3銭、人気の豪ドル/円も0.7銭と割安であり、それ以外にコストは発生しません。

ポイント3

約定力で4年連続第1位

FXでは注文した為替レートと約定した為替レートに、0.1~0.2銭の差が発生することがあります。これを「スリッページ」と呼びますが、マネーパートナーズではスリッページが一切発生しない仕組みを取っています。

逆にスリッページが1通貨あたり0.1銭ほど発生した場合、わずか0.1銭ですので「大したことがない」と思う人もいます。

しかしながら「1通貨=0.1銭」でも「1万通貨=10円」の差になってしまいます。FXでは1万通貨を何度も売買するので、長期的にはスリッページなしのほうがお得に感じてきます。

ポイント4

快適に売買できるスマホアプリ

パソコンにインストールする「Hyper Speed」というトレードツールがFXをより扱いやすくさせています。22種類のテクニカル指標を使って自由に売買ルールを作ることができます。

パソコン用の高機能ツールはパートナーズFXに限りますが、ネット上にもブラウザベースの取引ツールがあるために、いつものパソコンや携帯電話がなくても売買が可能です。

また、スマートフォンであれば、パートナーズFX nanoもスピーディーな取引ができる「HyperSpeed Touch nano」というアプリを提供しており、外出中や移動中でも満足できる環境がモバイルで操作できます。

ポイント5

初心者が勉強できる環境

マネーパートナーズは初心者が勉強できる環境を提供しています。特に雑誌などのメディアでも活躍中の経済評論家や投資戦略家の動画は無料で閲覧できて、経済を勉強する上でも役立ちます。

このようなネットセミナーは随時開催しています。さらにFX専用の市況レポートや有名人によるコラムはも自由に閲覧でき、定期購読しても損はありません。

FX会社で初めて上場したマネーパートナーズは、ネットから申し込むと最短で翌日から取引ができる、初心者にも高品質なトレード環境を提供してくれるFX会社です。

マネーパートナーズのトータルコスト

売買手数料

1,000通貨 -(パートナーズFX nanoは100通貨単位で取引可能)
1万通貨 0円
口座維持費 0円

スプレッド

アメリカ合衆国日本0.3銭原則固定(10:00~翌4:00)
EU日本 0.6銭原則固定(10:00~翌4:00)
オーストラリア日本 0.7銭原則固定(10:00~翌4:00)

1万通貨取引時のコスト(売買手数料+スプレッド)

アメリカ合衆国日本30円

入出金手数料

入金手数料 ネット入金なら無料
出金手数料 取引会社が負担
ネット入金 ○(24時間対応)

マネーパートナーズの取引概要

口座開設

口座開設日数 最短で4営業日
初回入金額 0円
デモトレード

売買要項

証拠金 取引金額の4%以上
レバレッジ 1~25倍
最小取引単位 1万通貨
パートナーズFX nanoは100通貨

通貨ペア

アメリカ合衆国日本
EU日本
イギリス日本
オーストラリア日本
ニュージーランド日本
カナダ日本
南アフリカ共和国日本
スイス日本
マイナー通貨
合計数全20通貨ぺア

スワップ金利(1万通貨購入時の1日あたりの金額)

オーストラリア日本35円
ニュージーランド日本35円
南アフリカ共和国日本13円

情報取得日 2017年6月時点

マネーパートナーズのサービス内容

注文機能

成行
指値
逆指値
IFD
OCO
IFO
トレール
期日指定

通知機能

マージンコール
ロスカット ○(40%)
価格通知
約定通知

システム環境

スマートフォン ○ Android
○ iPhone
モバイル対応 docomo
softbank
au
電話取引
テクニカルチャート
自動売買・シストレ HyperSpeed NEXT

情報サービス

オンラインセミナー ○(マーフィーの相場分析など)
会場セミナー
為替ニュース ○(GI24、Market Win24など)

マネーパートナーズの会社情報

基本情報

社名 株式会社マネーパートナーズ
商品名
  • パートナーズFX
  • パートナーズFX nano
  • HyperSpeed NEXT
所在地 東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー16階
設立 2005年6月1日

信頼性

取引高月間7.2兆円(2017年5月時点)
口座数300,139口座(2017年5月時点)
預かり残高614億2,900万円(2016年12月時点)
資本金 31億円(2016年3月時点)
自己資本規制比率 419.5%(2017年3月時点)
信託銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ信託銀行
株式上場 東証2部(株式会社マネーパートナーズグループ)
登録番号 関東財務局長(金商)第297号

お問い合わせ

コールセンター 0120-894-707
メール
LINE

上記は過去の一定時点における情報を含んでいる場合がございます。最新情報はマネーパートナーズの公式サイトをご確認ください。

初心者も安心できるFX会社

DMM FX(DMM.com証券)
GMOクリック証券
本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2008.05.05
更新日更新日 2017.07.21
執筆者Kirito Nakano

関連する記事

RELATED ARTICLES
アイフォレックス
アイフォレックス
FX会社の詳細データ FX会社の詳細一覧
投資家のニーズに応えた価値ある商品を提供するアイフォレックスでは、カスタマーサービスのスタッフが丁寧に対応してくれるFX会社です。貯蓄から ...
アイネット証券(アイネットFX)
アイネット証券(アイネットFX)
FX会社の詳細データ FX会社の詳細一覧
スワップポイントとは2国間の通貨にある金利差のことです。例えば、日本円の金利が0.1%、豪ドルの金利が2.0%のとき、日本円で豪ドルを買うこと...
【漫画】第30話「FXアプリが動かない!端末や障害が原因」
【漫画】第30話「FXアプリが動かない!端末や障害が原因」
マンガでわかるFX FXブラザーズ
国内の大手FX会社ではシステムダウンはほぼ起こっていません。2015年7月に外為どっとコムでログイン不可、2015年8月に瞬間的に1ドル=116円まで...
【漫画】第35話「予想ツールで比較!未来の為替レートがわかる」
【漫画】第35話「予想ツールで比較!未来の為替レートがわかる」
マンガでわかるFX FXブラザーズ
FX初心者の場合は「為替レートが上がるか下がるか」を何度も的中させることは、なかなか難しいです。そこで将来の為替の値動きが予想できるツール...
【漫画】第34話「スプレッドとは?買値と売値にある価格差」
【漫画】第34話「スプレッドとは?買値と売値にある価格差」
マンガでわかるFX FXブラザーズ
スプレッドとは買値と売値にある差のことで、この差はFX会社に支払う手数料になっています。私たちが外貨を買うときは少しだけ価格が高い買値で買...

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
FXとは?編集部
FXとは?編集部
EDITORIAL DEPARTMENT
FXの初心者向けに基礎知識、専門用語、テクニックを徹底解説。使いやすく低コストのFX会社で、収入を増やしましょう。

おすすめ会社

RECOMMENDED COMPANY

ピックアップ

PICKUP

部門別セレクト

DEPARTMENT SELECT

スポンサードリンク

SPONSURED LINK