スプレッドで比較!買値と売値の差はFX会社への実質的な手数料

中野貴利人
監修中野貴利人
株式会社ネットピコ 代表取締役

必要経費であるスプレッドは必ず確認したい

必要経費であるスプレッドは必ず確認したい

スプレッドとは為替レートに存在する「買値と売値の差」のことです。例えば、ニュース番組などで為替レートを報道する際に、米ドル/円が「1ドル=105.20~105.25円」と表示されます。

これは売値が105.20円、買値が105.25円という意味です。売値と買値の0.05円の幅がスプレッドであり、この場合は5銭に置き換えられます。

このスプレッドがあるため、日本円で米ドルを購入し、同じ時刻に米ドルを日本円で売却すると必ず損をします。

別の例で言い換えると、市場価格が「1ドル=95.123円」だったとき、そのFX会社のスプレッドが1銭であれば、私たちは「1ドル=95.133円」で買うことができます。つまり「0.01円=1銭」を支払っているわけです。

実はこの為替レートの差額であるスプレッドがFX会社に支払うコストであり、FX会社によって設定金額が異なります。

現在はどのFX会社も売買手数料が無料であって、それゆえに「どこでFX会社が利益を得ているのか」と疑問に思うビギナーもいますが、このスプレッドこそが「実質的なFX会社の収入源」です。

また、スプレッドは通貨ペアによって異なり、米ドル/円を最安値にしているFX会社がほとんどです。最近では「0.3~2銭」が米ドル/円のスプレッドの相場になっています。

この場合、仮に「1ドル=100円」のとき、1万通貨を買うと0.3~2銭に対して、30~200円分のスプレッドを発生します。

1万通貨とは「1ドル×1万通貨」を意味しますので、「1ドル=100円」のときは100万円となり、スプレッドの「0.3~2銭」も1万倍して「30~200円」となるわけです。

たった、0.1銭や1銭の違いかもしれませんが、頻繁に売買をすることもあるFXでは「スプレッド=手数料」が積み上がっていきますので、初心者や上級者問わず、スプレッドの小さいFX会社は人気です。

会社名 アメリカ合衆国日本 EU日本 オーストラリア日本
DMM FX 0.3銭
原則固定
例外あり
0.6銭
原則固定
例外あり
0.7銭
原則固定
例外あり
GMOクリック証券 0.3銭
原則固定
0.5銭
原則固定
0.7銭
原則固定
SBI FXトレード 0.27銭
原則固定
0.39銭
原則固定
0.59銭
原則固定
FXブロードネット 0.3銭
原則固定
0.5銭
原則固定
0.6銭
原則固定
インヴァスト証券(トライオートFX) 0.3銭
原則固定
例外あり
0.5銭
原則固定
例外あり
0.6銭
原則固定
例外あり
JFX 0.3銭
原則固定
0.5銭
原則固定
0.7銭
原則固定
ヒロセ通商 0.3銭
原則固定
例外あり
0.5銭
原則固定
例外あり
0.7銭
原則固定
例外あり
外為ジャパン 0.3銭
原則固定
0.6銭
原則固定
0.7銭
原則固定
外為どっとコム 0.3銭
原則固定
例外あり
0.6銭
原則固定
例外あり
0.7銭
原則固定
例外あり
トレイダーズ証券 0.3銭
原則固定
8:00~翌2:00
0.6銭
原則固定
8:00~翌2:00
0.7銭
原則固定
8:00~翌2:00
マネーパートナーズ(パートナーズFX) 0.3銭
原則固定
10:00~翌4:00
0.6銭
原則固定
10:00~翌4:00
0.7銭
原則固定
10:00~翌4:00
FXトレード・フィナンシャル(FXTF MT4) 0.3銭
原則固定
0.6銭
原則固定
1.4銭
原則固定
YJFX! 0.3銭
原則固定
例外あり
0.5銭
原則固定
例外あり
2017年12月15日までのキャンペーン
0.7銭
原則固定
例外あり
2017年12月15日までのキャンペーン
楽天証券(楽天FX口座) 0.3銭 1.1銭 1.2銭
OANDA Japan 0.3~0.4銭
原則固定
0.4~0.6銭 0.7~0.8銭
デューカスコピー・ジャパン 0.2~0.4銭 0.3~0.7銭 0.4~0.7銭
マネックス証券 0.5銭 1銭 1銭
SBI証券 0.5銭固定 1.4銭固定 1.4銭固定
FXプライム byGMO 0.6銭
原則固定
0.9銭
原則固定
1.3銭
原則固定
サクソバンクFX証券 平均0.6銭 平均1.4銭 平均1.7銭
IG証券 0.6銭
原則固定
1.5銭
原則固定
1.3銭
原則固定
上田ハーロー 0.8銭
原則固定
例外あり
1.8銭
原則固定
例外あり
1.8銭
原則固定
例外あり
ライブスター証券 0.9銭 1.9銭 3.2銭
外為オンライン 1銭
原則固定
2銭
原則固定
3銭
原則固定
外為オンライン(iサイクル注文) 1銭
原則固定
2銭
原則固定
3銭
原則固定
セントラル短資FX(FXダイレクトプラス) 1銭 2銭 3銭
アイネット証券 0.7~1.0銭 1.4~2.0銭 1.5~4.0銭
AFT 1銭~ 2銭~ 3銭~
ひまわり証券 1銭固定 3銭 4銭
アヴァトレード・ジャパン 1.9銭 2.2銭 2.8銭
ゲインキャピタル・ジャパン 1.5~1.9銭 2.2~3.3銭 2~3銭
アイフォレックス 2銭 3銭 5銭
マネースクウェア・ジャパン 4銭 5銭 6銭
インヴァスト証券(シストレ24) 変動型
流動性で変化
変動型
流動性で変化
変動型
流動性で変化
岡三オンライン証券

スプレッドで比較したおすすめのFX会社

売買手数料が安いから人気があるFX

スプレッドは他の金融商品と比較すると格安です。通常、株式投資でも100万円以上の取引をすれば、1,000円は売買手数料を支払います。

この売買手数料の安さこそが、FXが日本人に急速に広まった理由の1つでもあります。FX初心者の方がスプレッドの低いFX会社を選ぶことに重点を置くことも賢い選択です。

例えば、人気の外為オンラインは米ドル/円が1銭原則固定、ユーロ/円は2銭原則固定、豪ドル/円は3銭原則固定、英ポンド/円は3銭原則固定ほどとなっています。

FXプライム byGMOは米ドル/円は0.6銭原則固定、ユーロ/円は0.9銭原則固定、豪ドル/円は1.3銭原則固定、ニュージランドドル/円は2.0銭原則固定です。歴史あるひまわり証券は米ドル/円が1銭固定、ユーロ/円は3銭、豪ドル/円は4銭、英ポンド/円は6銭と、少し割高感があります。

一方、全20通貨ペアでスプレッドが最狭のDMM FXは米ドル/円0.3銭原則固定(例外あり)、ユーロ/円は0.6銭原則固定(例外あり)、豪ドル/円は0.7銭原則固定(例外あり)です。さらに随時キャンペーンも実施中です。

5~6銭だったスプレッドも今では0.3銭

テレビCMでも有名なGMOクリック証券外為ジャパンは米ドル/円が0.3銭原則固定、ユーロ/円が0.5銭原則固定、豪ドル/円が0.7銭原則固定、英ポンド/円が1.0銭原則固定などと格安です。外為どっとコムも米ドル/円が0.3銭原則固定(例外あり)とかなり割安感があります。

米ドル/円が0.3銭の楽天証券(楽天FX口座)では、ユーロ/円は1.1銭、豪ドル/円も1.2銭と安いですが、ニュージランドドル/円は3.9銭と通貨ペアごとに差があり、総合的にもGMOクリック証券のほうがお得だったりします。

このように全FX会社を比較すると、数年前は米ドル/円のスプレッドでも5~6銭が当たり前でしたが、今では2銭以下に収まっています。

米ドル/円以外の通貨ペアのスプレッドを低くするしかないように、もう下げられないくらい競争が激化しています。

FXでの取引額が大きかったり、多種の通貨ペアを扱う場合は、スプレッドがコスト面に影響します。費用をなるべく抑えたいなら、米ドル/円のスプレッドが1銭以下、入出金手数料が無料といったFX会社を選択しましょう。

最小単位である「銭」と「pips」の違い

売買手数料は無料のところがほとんどですので、FXにかかる手数料で差を見出すなら、スプレッドに注目することになります。

FXでは例えば、日本円でスイスフランを売買する場合でも「日本円、米ドル、スイスフラン」と米ドルを介します。そのため、米ドル以外の通貨では米ドル分のスプレッドが加算されるので、米ドルよりもスプレッドが高くなることが一般的です。

上記の表に掲示されているスプレッドも米ドル/円が最低値で0.3銭や0.5pipsなどになっています。

ちなみにスプレッドの単位には「銭」と「pips」があります。銭は円の1/100の単位ですので「1円×1/100=1銭」です。

pipsも似ていて、通貨の「最小単位の1/100」を意味します。日本円であれば、最小単位は1円ですので「1円×1/100=1pip」で銭と同じです。米ドル/円のように日本円を介して、外国為替を売買する際は「銭=pips」と見なして構いません。

ただ、ユーロと米ドルのような外貨同士で売買するときに、日本円を介さないので銭を使うと、逆にややこしくなります。

例えば、米ドルの最小単位は1セントですので「1セント×1/100=1pip」になります。仮にユーロ/米ドルのスプレッドが2pipsとすれば、スプレッドは「0.02セント=0.0002ドル」とわかりやすいです。

そのときのスプレッドを銭で表そうとすると、為替レートの影響で「1pip=0.96銭」などと換算することになり、2pipsのスプレッドも「2pips×0.96銭=1.82銭」のように複雑化します。

そのため、FX会社では日本円が軸である通貨ペアは「銭」で表記していますが、日本円を絡まない通貨ペアは「pips」を使っています。もしくは銭とpipsが混合するとわかりにくいので、すべての単位を「pips」と表記するFX会社もあります。

初心者も安心できるFX会社

DMM FX(DMM.com証券)
GMOクリック証券
本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2008.05.23
更新日更新日 2017.12.06

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
中野貴利人
中野貴利人
執筆・編集
株式会社ネットピコ代表取締役。著書にど素人でも稼げるネット副業の本など。過去の取材はメディア掲載履歴で紹介。

関連する記事

RELATED ARTICLES
オンラインセミナーで比較!勉強することで勝率アップ
オンラインセミナーで比較!勉強することで勝率アップ
FXの基本は円高のときに外貨を購入し、円安になったらその外貨を売却します。もしくは円安で外貨を売ってしまい、円高になったら買い注文を入れて...
売買手数料で比較!FXの売買手数料は0円が基本
売買手数料で比較!FXの売買手数料は0円が基本
FXにかかる必要経費は口座維持費と売買手数料、さらに買値と売値の価格差であるスプレッドの合計値となります。口座維持費は毎年支払う費用です。今では銀...
【漫画】第41話「節目買いとは?切りの良い数値で線を1本引く」
【漫画】第41話「節目買いとは?切りの良い数値で線を1本引く」
FXでは「不確かなリスクを取らない」や「規則性ある動きに任せる」ことが堅実的なやり方とされています。コンスタントに利益を上げているトレーダ...
【漫画】第34話「スプレッドとは?買値と売値にある価格差」
【漫画】第34話「スプレッドとは?買値と売値にある価格差」
スプレッドとは買値と売値にある差のことで、この差はFX会社に支払う手数料になっています。私たちが外貨を買うときは少しだけ価格が高い買値で買...
【漫画】第36話「OCOとは?指値と逆指値を同時注文する」
【漫画】第36話「OCOとは?指値と逆指値を同時注文する」
FXでは「成行、指値、逆指値、IFD、OCO、IFO」の6つがオーソドックスな注文です。ただ、通常「成行注文+損切りのための逆指値注文」で取引に...

おすすめ会社

RECOMMENDED COMPANY

ピックアップ

PICKUP

部門別セレクト

DEPARTMENT SELECT

スポンサードリンク

SPONSURED LINK