時間を取られないスマートなFXとは?IFDやOCOで注文する

IFDで購入すれば事前に売却注文できる

IFDで購入すれば事前に売却注文できる

1日中売買ができるFXですが、会社員や主婦など忙しい人のために事前に売買する方法を教えてください。

事前売買にはいくつか種類がありますが、最もよく使う注文は注文の仕方を覚えるで紹介している「逆指値」です。

例えば「1ドル=90円」で1万通貨を買っているとき、「88円まで下がったら損切りする」と逆の指値を指定する注文です。いつの間にか85円などに下がって大損するリスクを防げます。

逆指値はFXをする上で非常に重要だと思います。私は新規注文をしたら同時に50銭の逆指値注文をしています。

それは大事です。私も逆指値を常に使っています。予想通りに上昇したときはしばらく放置できますが、下降したときに放置してしまうと、一気にマイナスに陥る可能性があるからです。

また、逆指値以外にも「IFD注文」も使えます。IFD注文は「○○円で取引が成立した場合に、△△円まで下がった売る」などと条件付きで逆指値を指定できる注文です。大抵のFX会社ではツールのプルダウンメニューで選択できます。

ツールのプルダウンメニュー

IFD注文を効果的に活用した売買例はありますでしょうか?逆指値以外にはどうも抵抗を覚えます。

おすすめは指値と逆指値注文の組み合わせです。買いたい価格で注文して、リスクヘッジを同時にします。例えば、現在値が「1ドル=100円」のときに、IFD注文で「100.50円で買いの指値注文をしつつ、99.50円の売りの逆指値注文」もします。

もし「1ドル=100.50円」に達して、100.50円で購入した後に上がり続けると利益もより増えますが、その後、99.50円以下になったら1円以上も損をしますので、損を最小限にするためにも「1ドル=99.50円」の逆指値で、リスク回避をしています。

逆に「1ドル=99.50円」に先に達したら、99.50円で売りポジションを確保でき、下がり続けると利益も増えます。その後100.50円になると1円の損失ですので、ここでも損失を限定するために「1ドル=100.50円」の逆指値が有効です。

初心者の中には「為替レートが気になって夜中に目が覚めてしまった」や「仕事中に何度も為替レートをチェックした」という落ち着かない経験を持つ人がいますが、これを使えば平常心が保てるFXができそうです。

はい。この事前注文こそが副業でFXをこなす決め手かもしれません。それに単に「IFD注文」ですと難しく聞こえますが、要は「指値と逆指値を同時にする」注文です。先のリスクまで想定すると、賢いFXができるでしょう。

OCOで同時に利益確定とロスカット

OCOとはどのような注文なのでしょうか?逆指値とIFDの次によく目にしますが、使ったことがありません。

OCO注文は「指値で同時に2つの注文を出し、○○が成立したら場合に、もう1つの△△は自動的にキャンセルする」方法です。この2つの指値は買いと売りではなく、買いと買い、もしくは売りと売りの組み合わせです。

同じ注文で価格が異なるということは、すでに持っている通貨に対する決済が目的で注文をするのでしょうか?

そうです。利食いと損切りを同時にできます。例えば「1ドル=100円」のときに1万ドルを購入したとします。

そのあと「1ドル=101円」になった場合は利益確定で売り注文ができ、逆に「1ドル=99円」のときはロスカットで売り注文といったように、2つの指値を設定できます。

なるほど。初心者にとって「OCO」とは難しく聞こえますが、手持ちの通貨を決済するための指値と逆指値の組み合わせですね。

はい。ただ、指値と逆指値ではなく、もう1つの注文がキャンセルされることがポイントです。先ほどと同じ「1ドル=100円」で1万ドルを持っているときに、単純に「1ドル=101円」の指値と「1ドル=99円」の逆指値をしたとします。

仮に「1ドル=101円」で売り抜けたとしても、そのあと「1ドル=99円」の円高になった場合に、「1ドル=99円」の逆指値が残っているので、「1ドル=99円」で売り注文をしてしまいます。

この残った「1ドル=99円」の注文を自動的にキャンセルできることがOCOの特徴でしょう。

IFDとOCOを組み合わせたIFO注文

FXとは事前の注文で、常に画面と向き合うことなく、ある程度は自動化できる金融商品に思えます。先ほどのIFDとOCOの他に「IFO」という注文方法もありますが、IFOとは何でしょうか?

IFOはIFDとOCOの合体技です。IFDは「もし90円の注文が成立したら、89円の逆指値を設定できる」注文、OCOは「91円の指値と89円の逆指値を指定して、どちらかの成立されたら残りの1つをキャンセルする」注文でした。

IFOは「もし90円の注文が成立したら、91円の指値と89円の逆指値を注文する」方法です。

IFDとOCOが一緒になった気がします。事前に新規注文をして、さらに利食いと損切りも注文できるということでしょうか?

はい、その通りです。例えば「1ドル=100円」で買いの指値注文をして、その注文が約定したら「1ドル=101円」の利益確定の注文、「1ドル=99円」のロスカットの注文をします。

IFDとOCOに慣れたら「IFOが便利だ」と思えるでしょう。さらにIFOと一緒に「トレール」という方法も覚えておきたいです。

トレールとはあまり聞きなれない単語かもしれませんが、実は私も利益を増やすべく何度か使っています。

実際にトレールを使ってみると、予想通りに為替レートが動いたときに、利益が大きくなりやすいです。

例えば「1ドル=100円」で1万ドルが購入したとします。トレールでは「1ドル=101円」になったら100円で逆指値、「1ドル=102円」になったら101円で逆指値、「1ドル=103円」になったら102円で逆指値というように、自動的に逆指値が変わります。

つまり、価格が上昇しているときに、その価格を追いかけて逆指値の底を上げています。仮に下がった場合だけに売れるため、トレールは特に上昇トレンドで合理的な売りができます。

逆指値を常に設定して、IFDとOCOに慣れたら、IFOとトレールのみでも効率的な売買ができそうです。

そうですね。特に「trail=痕跡」を意味するトレールで、FXを自動化できます。私もIFDとOCOは使用せずに、逆指値とトレールの繰り返すことも多いです。

こうなると画面に向かっている時間はわずかです。事前注文で少ない時間を有効的に活用しましょう。

初心者も安心できるFX会社

DMM FX(DMM.com証券)
GMOクリック証券
本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2008.05.29
更新日更新日 2015.04.07
執筆者Kirito Nakano

関連する記事

RELATED ARTICLES
デモトレードは仮想マネー以外はリアルなFXができる
デモトレードは仮想マネー以外はリアルなFXができる
初心者向けのFX講座 FXの基礎知識
FXを始めたい方の中には資料請求で比較検討をしたり、無料のセミナーに参加してから口座開設をする人がいます。そこまで慎重にならなくても、FXの...
テクニカル分析で勝率上昇!複数のチャートを使うとベター
テクニカル分析で勝率上昇!複数のチャートを使うとベター
初心者向けのFX講座 副業トレーダーに取材
チャートを活用したいのですが、FX初心者が抑えておきたいポイントはありますでしょうか?過去の通貨の値動きを参考に、現在の状況をパターン化し...
【漫画】第22話「FXまとめ!初心者のための基礎知識」
【漫画】第22話「FXまとめ!初心者のための基礎知識」
マンガでわかるFX FXブラザーズ
FXとは「FX会社に資金を預けて、海外の通貨を売買する仕組み」です。一般的には「Forex、外国為替証拠金取引、外為」とも呼ばれており、正式には...
【漫画】第30話「FXアプリが動かない!端末や障害が原因」
【漫画】第30話「FXアプリが動かない!端末や障害が原因」
マンガでわかるFX FXブラザーズ
国内の大手FX会社ではシステムダウンはほぼ起こっていません。2015年7月に外為どっとコムでログイン不可、2015年8月に瞬間的に1ドル=116円まで...
【漫画】第24話「移動平均線の読み方とゴールデンクロス」
【漫画】第24話「移動平均線の読み方とゴールデンクロス」
マンガでわかるFX FXブラザーズ
FXのチャートは数十種類がありますが、ローソク足を使ったチャートでは移動平均線も一緒に表記されていることが一般的です。移動平均線とは5日間...

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
FXとは?編集部
FXとは?編集部
EDITORIAL DEPARTMENT
FXの初心者向けに基礎知識、専門用語、テクニックを徹底解説。使いやすく低コストのFX会社で、収入を増やしましょう。

おすすめ会社

RECOMMENDED COMPANY

ピックアップ

PICKUP

部門別セレクト

DEPARTMENT SELECT

スポンサードリンク

SPONSURED LINK