注文の仕方を覚える!最初は逆指値まで使ってみよう

注文は買うか売るといったシンプルな作業

注文は買うか売るといったシンプルな作業

FXは10~20通貨ペアから買うか売るかを選ぶ

注文は買うか売るかだけの作業写真はGMOクリック証券の取引画面です。細かくて難しそうに見えますが、その仕組みは到ってシンプルです。

そもそもFXは普段の買い物と一緒で、通貨という商品を選んで、売買するだけです。株式投資では1万以上の銘柄がありましたが、FXでは10~20通貨ペアの中から選びます。

最初に「買い」や「売り」ボタンを押すことは躊躇するかもしれませんが、FXの売買は初心者でも簡単に購入できるようになっています。

並んでいる数字は通貨の値段であり、同じ画面内にニュースやチャートも表示されているので、何度か売買を重ねれば、逆に便利に感じるようになるでしょう。

画面の使い勝手はFX会社によって異なり、初めてのうちは抵抗感もありますが、「難しくて全くわからない」ことはないです。

FXの取引画面はあらゆるツールよりも使いやすさを研究しています。目線の動きや反応速度の実験を繰り返しながら、他社競合と差をつけるためにカスタマイズできるツールまで登場しました。

通貨を売買する手順

通貨は携帯電話でも注文できるくらい簡単に売買できます。それゆえに売買タイミングの判断は慎重に行いたいです。

1

取引する通貨を選択する

チャートから予測して、売買する通貨ペアを「ユーロ/円」というように決定します。通貨ペアの数はFX会社ごとで差があり、基本的には10~20通貨ペア、多い所では100通貨ペアを超えます。

多ければ稼げるわけでもなく、数種類の通貨ペアがあれば問題ありません。それらの通貨ペアはFX会社のツールの仕様で異なりますが、大抵はチャート上からワンクリックで選べます。

2

買いか売りかを決定する

買い注文か売り注文を決めます。ここでBit(買い値)とAsk(売り値)を逆に認識するミスには気を付けたいです。

初めてですとたまに混乱しますが、チャートと連動させてしっかり覚えましょう。

3

売買金額の単位を指定する

通貨ペアと売買注文が決定したら、売買する金額を決めます。ここではユーロ1万通貨分の円を交換します。

レバレッジは取引単位と口座残高の割合で自動的に決まるFX会社と、あらかじめレバレッジを「何倍」に指定するFX会社の2パターンがあります。

4

逆指値でリスクを回避する

成行でも指値注文でも必ず逆指値を入れます。逆指値は「~まで下がったら売り」のような、予想に反したときの対処です。

以上でFXの売買手順は完了です。どのFX会社も売買完了後に即時に取引が履歴に反映され、常に損益を確認できます。

事前の逆指値注文で作業負担を減らす

FXでは常に為替レートが変動しています。寝ている間に一気に暴落していて、売買タイミングを逃したら、必要以上の損をしてしまいます。

そのためにFXには損失を減らし、利益を増やすための事前注文できる機能が備わっています。例えば「逆指値」は「もし今の値段より安くなったら指値で売る」注文方法です。

逆指値注文

例えば「1ドル=84円」で1万通貨を買っているとき、本来「85円や86円で売りたい」のですが、逆に「83.6円まで下がったら損切りしたいので、事前に83.6円になったら売る注文を出そう」というときに、逆指値で83.6円を指定します。

つまり、逆指値は想定以上に損をしたくないときに使える注文です。24時間変動するFXに気を取られることなく、日中も安心して会社で働いたり、家事に専念できます。各FX会社では逆指値以外にも大抵は4~5個の注文方法が揃っています。

IFDとOCOが使えれば問題なし

IFD(イフダン)注文

IFD注文は逆指値注文と同じくらい使う機会が多い注文です。これは「もし○○が成立したら、△△を注文する」という2段階の方式になります。

米ドルが「1ドル=85円」で成立した場合に「86円まで上がったら売る」や「103円まで下がった売る」という注文ができます。新規とその先の決済まで想定して、リスクを軽減します。

OCO(オーシーオー)注文

有名な注文方法には「One Cancel the Other order(1つを取り消して、1つを注文する)」の略であるOCO注文があります。

OCO注文

これは「ポジションを持っている状態で、利食いと損切りを同時したい」ときに使える注文方法です。

例えば「1ドル=84円」で1万通貨を買っているときに「84.4円で利食いの指値注文、83.6円で損切りの逆指値注文をしたい」なら、このOCO注文を使います。

これは「もう少し上がるかもしれないけれど、これ以上の大きな損失は出したくない」というときにも便利な注文方法です。

IFO(アイエフオー)注文

IFO注文は少し複雑で、IFD注文とOCO注文を組み合わせています。新規ポジションを予約しながら、利益確定の指値と損切りの逆指値を発注します。

例えば、米ドルが「1ドル=84円」のときに、「85円になったら上昇トレンドだから買いたい。さらに86円で利益確定の売り、84.5円で損切りの売りをしたい」ときには、OCO注文で指値買い、指値売りを2つ、合計3つの注文を出すことができます。

トレール注文

FXでは「トレール」と呼ばれる方法もあります。米ドルを「1ドル=84円」で1万ドル持っていたすると「2円下がったら損失確定で売り」というように、価格を指定するのではなく、値幅を指定する方法です。

86円に上がったら84円に下がったときに売り、88円なら86円に下がったときに売りと、上昇トレンドを自動追跡する効果を発揮します。

このように注文方法を駆使することで、短時間でリスクが軽減できる効率の良いFX取引が可能になります。

初心者も安心できるFX会社

DMM FX(DMM.com証券)
GMOクリック証券
本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2008.05.29
更新日更新日 2015.10.09
執筆者Kirito Nakano

関連する記事

RELATED ARTICLES
スワップポイントで増やす!高金利国の通貨を買おう
スワップポイントで増やす!高金利国の通貨を買おう
初心者向けのFX講座 FXの基礎知識
外貨を安く買って、高くなったら売るのがFXの特徴ですが、この価格差以外でもFXで利益を得る方法があります。FXの初心者はもちろん、上級者でもや...
チャートの見方に慣れる!売買シグナルを見極めることが目的
チャートの見方に慣れる!売買シグナルを見極めることが目的
初心者向けのFX講座 FXの基礎知識
チャートとは売買タイミングが読み取れる大事なツールです。実際の売買に使われているチャートを見てみましょう。下記は取引ツールで定評のあるG...
【漫画】第27話「ナンピンや両建てでは稼げない理由」
【漫画】第27話「ナンピンや両建てでは稼げない理由」
マンガでわかるFX FXブラザーズ
ナンピンを駆使した手法はFXでは人気です。買ったあとに下がってしまったら再度買って、さらに下がってもまた買います。相場は波を打って動くため...
【漫画】第25話「グランビルの法則で買い時と売り時がわかる」
【漫画】第25話「グランビルの法則で買い時と売り時がわかる」
マンガでわかるFX FXブラザーズ
グランビルは移動平均線を考案した人物であり、その移動平均線と相場の関係を解析して、パターン化したものが「グランビルの法則」です。グランビ...
【漫画】第30話「FXアプリが動かない!端末や障害が原因」
【漫画】第30話「FXアプリが動かない!端末や障害が原因」
マンガでわかるFX FXブラザーズ
国内の大手FX会社ではシステムダウンはほぼ起こっていません。2015年7月に外為どっとコムでログイン不可、2015年8月に瞬間的に1ドル=116円まで...

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
FXとは?編集部
FXとは?編集部
EDITORIAL DEPARTMENT
FXの初心者向けに基礎知識、専門用語、テクニックを徹底解説。使いやすく低コストのFX会社で、収入を増やしましょう。

おすすめ会社

RECOMMENDED COMPANY

ピックアップ

PICKUP

部門別セレクト

DEPARTMENT SELECT

スポンサードリンク

SPONSURED LINK