一目均衡表 - 明確な転換サイン!雲を抜ければ買いシグナル

プロも使っている勝率が上がるチャート

一目均衡表とは時間の流れと相場のバランスを重視している指標です。1936年に細田悟一氏が約2,000人のスタッフと7年をかけて完成させ、現在では多くのファンドマネージャーやプロトレーダーから支持されています。

プロも使っている勝率が上がるチャート

上のチャートのようにローソク足に対して「基準線、転換線、先行スパン1、先行スパン2、遅行スパン」の5つの線と1つの雲で構成されており、それぞれに緻密な計算式が盛り込まれています。

名称説明
基準線過去26日間の最高値と最安値の平均値
転換線過去9日間の最高値と最安値の平均値
先行スパン1基準線と転換線の中間値を26日先に記入
先行スパン252日間の最高値と最安値の平均値を26日先に記入
遅行スパン当日の終値を26日前に記入
先行スパン1と先行スパン2の間の面積

一見すると複雑に思えますが、FXや株で一目均衡表が広く使われている理由は、雲のみで相場観がわかるからです。

シンプルに「ローソク足が雲を上に抜けると上昇トレンドであり、ローソク足が雲を下に抜けると下降トレンド」になります。特に雲が薄いところをローソク足が抜けるとトレンドの変わり目です。

逆に雲が厚いところをローソク足が多少抜けても、ブレイクせずに戻ってくることがほとんどです。つまり、雲は抵抗線を意味します。雲が厚いときは突き抜けることが困難であり、ぶつかっても戻ってきやすいわけです。

このように初心者でも「薄めの雲をローソク足が抜けたらトレンドが転換した」と視覚的にわかります。そのため、一目均衡表のグラフを参考にして、移動平均線やボリンジャーバンドと組み合わせて使う人が多いです。

壁になる雲が一目均衡表の醍醐味

1

基準線と転換線

一目均衡表に表示されるグラフはそれぞれに意味を持っています。まず、相場の方向性は基準線が示しています。基準線は過去の平均値であり、相場の中期的な均衡点を表している重要な線です。

基準線よりも転換線のほうが上にあるときは上昇トレンドであり、下にあるときは下降トレンドです。これは基準線が過去26日間、転換線が過去9日間のデータですので、転換線のほうが最近のトレンドを示しているためです。

その中でも基準線と転換線の2本の線がクロスするときがポイントです。転換線が基準線を下から上に抜くとゴールデンクロスで買い、転換線が基準線を上から下に抜くとデッドクロスで売りとなります。

ただ、基準線と転換線だけでは移動平均線と変わりません。この2つに先行スパン1、先行スパン2、遅行スパンを絡めながら、先行スパン1と先行スパン2の間にある雲を使って、確かな買いと売りのシグナルを判断します。

2

先行スパン1と先行スパン2

26日間である短期の先行スパン1と52日間の長期の先行スパン2の関係により、ローソク足が雲の上では強気相場であり、雲の上限が先行スパン1、下限が先行スパン2となります。

壁になる雲が一目均衡表の醍醐味逆にローソク足が雲の下のときは弱気相場であり、雲の上限が先行スパン2、下限が先行スパン1になります。

そのため「ローソク足がこの雲より上にいる間は持ち続けても大丈夫」や「下にあるときはまだ下がる可能性がある」とも判断できます。

一目均衡表では「天気の悪い雲の下で雨を浴びるのか、太陽を拝める雲の上で晴れを感じるのか」とよく言われるほどです。さらにローソク足が雲に突入したときはトレンドの転換点であり、雲を下から上に突破したら上昇サインで、雲を上から下に突き抜けたら下落サインです。

つまり、この雲は抵抗帯であり、雲をローソク足が突き抜けるには勢いのあるパワーが必要であるため、上や下に抜けたときにはトレンドの転換点を意味します。FXではこれらのシグナルをいかに汲み取るかが大切です。

3

遅行スパン

あと1つの遅行スパンの意味も簡単です。遅行スパンは当日の終値を26日前に遡ったものです。26日前の株価と当日の株価を比較して、買いと売りを判断します。

遅行スパンが26日過去のローソク足を下から上に突き抜けると買いシグナル、上から下に突き抜ける売りシグナルとなります。遅行スパンとローソク足の位置関係も雲と同じです。遅行スパンがローソク足の上だと強気相場、ローソク足の下だと弱気相場になります。

つまり、一目均衡表では「転換線が基準線を上抜ける、ローソク足が薄い雲を上抜ける、遅行線がローソク足を上抜ける」といった「三役好転」が揃ったときが、最大の買いサインです。

逆に「転換線が基準線を下抜ける、ローソク足が薄い雲を下抜ける、遅行線がローソク足を下抜ける」といった「三役逆転」が揃ったときは売りサインであるため、これらのシグナルを上手に利用しましょう。

初心者も安心できるFX会社

DMM FX(DMM.com証券)
DMM FX(DMM.com証券)
GMOクリック証券
本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2014.03.05
更新日更新日 2015.12.27
執筆者Kirito Nakano

関連する記事

RELATED ARTICLES
【漫画】第13話「FXのトレードスタイルは3つから選ぶ」
【漫画】第13話「FXのトレードスタイルは3つから選ぶ」
マンガでわかるFX FXブラザーズ
FXのトレードスタイルが決まれば、自ずと戦略が見えてきます。例えば、超短期取引のスキャルピングは長くても数十秒しか外貨を保持しないため、チ...
【漫画】第16話「ローソク足の読み方!陽線・陰線・ヒゲなど」
【漫画】第16話「ローソク足の読み方!陽線・陰線・ヒゲなど」
マンガでわかるFX FXブラザーズ
ローソク足には始値、終値、高値、安値の4つの値が含まれており、それらがひと目でわかることが特徴です。まず、始値より終値が高いときは白や赤...
【漫画】第21話「スワップ金利とは?2つの通貨の金利差」
【漫画】第21話「スワップ金利とは?2つの通貨の金利差」
マンガでわかるFX FXブラザーズ
銀行の外貨預金とFXのスワップ金利は同じ仕組みです。例えば、日本円で豪ドルを購入すると金利差が発生して、どちらも差分が受け取れます。ただし、F...

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
FXとは?編集部
FXとは?編集部
EDITORIAL DEPARTMENT
FXの初心者向けに基礎知識、専門用語、テクニックを徹底解説。使いやすく低コストのFX会社で、収入を増やしましょう。

おすすめ会社

RECOMMENDED COMPANY

ピックアップ

PICKUP

部門別セレクト

DEPARTMENT SELECT

スポンサードリンク

SPONSURED LINK