テクニカル分析で勝率上昇!複数のチャートを使うとベター

利益を得るためにはテクニカルチャートを使う

利益を得るためにはテクニカルチャートを使う

チャートを活用したいのですが、FX初心者が抑えておきたいポイントはありますでしょうか?

過去の通貨の値動きを参考に、現在の状況をパターン化し、未来の為替レートを予測する方法を「テクニカル分析」と呼びます。

このテクニカル分析ではチャートを使いますが、チャートの見方に慣れるで紹介している通り、基本はローソク足を並べたグラフです。一見すると難しそうですが、きちんと読めるようになるとどれも役に立つツールです。

それらのチャートは改良され続け、今では上がっているときに買うタイプの「順張り型チャート」と、下がったときに買うタイプの「逆張り型チャート」に大別できるようになりました。数種類あるチャートのどれを使うかがポイントでしょう。

順張り型チャートと逆張り型チャートとは、どのような種類があるのでしょう。例えば、私はMACDを使っていますが、これはどちらに当てはまるでしょうか?

順張り型チャートには「移動平均線、一目均衡表、MACD」があります。移動平均線は株式投資でも有名で、ローソク足と移動平均線でそのときのトレンドが読めます。

移動平均線

反対に逆張り型チャートには「ストキャスティクス、ボリンジャーバンド、RSI」があります。逆張り型チャートでも順張りに使うこともよくあります。

ストキャスティクス

また、これらのチャートは買いか売りのシグナルを見極める参考にはなりますが、あまりに過信するのは禁物です。

FXとは「チャートの信用しすぎが失敗の原因になる」と聞いたこともありますが、信頼できるチャートはありますでしょうか?

実はチャートは組み合わせることで相乗効果があります。上がるも八卦、下がるも八卦だった50%の確率が、100%でなくても60~70%になれば利益も得やすいでしょう。

私は「一目均衡表の雲の動き」に加え、主にMACDの売買サインとボリンジャーバンドで乖離を確認します。

一目均衡表やボリンジャーバンドの読み方

先ほど、おすすめされたチャートである一目均衡表の使い方について教えてください。

いきなりですが、初心者にとっては一目均衡表が最も複雑で、理解するまでに時間がかかるかもしれません。

一目均衡表

まず、チャートを表示している画面で一目均衡表を選んでみましょう。チャートには「転換線、基準線、雲、遅行スパン、先行スパン1、先行スパン2」の6つが、ローソク足を囲んでいます。

買いシグナルになるのは「転換線と基準線が上を向きで、転換線が基準線を抜けながら、ローソク足が雲を抜いたとき」です。複雑で慣れが必要だからこそ、信用できるツールと言えます。

一目均衡表は実際の画面を操作しないとわかりにくいですが、買いシグナルを見つけるときには頼りになりそうです。次のMACDについてはどうでしょうか?

MACDはトレンドを追っていくチャートです。線はMACDとシグナルの2本だけで、買いシグナルはMACDがシグナルを抜けたとき、売りシグナルはその逆です。

MACD

何度も交差することがあるので、なるべく交差が2回くらい繰り返された直後のゴールデンクロスで買うことができたら、上昇トレンドに乗れることが多いです。

一目均衡表とはまた違ったシグナルが見られます。最後にボリンジャーバンドについて、説明をお願いします。

ボリンジャーバンドは逆張り型チャートで、一目均衡表とMACDの順張り型チャートを補填する形で使っています。

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドの主役は平均値からの散らばりを示す「標準偏差」です。σ(シグマ)を使った「2σ線、1σ線、-1σ線、-2σ線」などがあり、例えば、-2σ線にローソク足が近づいたら「売られすぎ」などと判断することができます。

このようにチャートは目安になりますので、使いこなすことで勝率がアップするでしょう。

役に立つことは理解できますが、使ったことがないツールばかりで操作が難しそうです。実際にツールに慣れるまでにはどのくらいかかるのでしょうか?

ツールは勉強してもイマイチ理解できませんので、やはり「習うよりも慣れろ」で使ったほうが早いです。

そのツールから売買シグナルが読み取れて、その通りに利益が出たら、あとは似たパターンが発生したときに、同じようなトレードを繰り返すことができます。FXとは「ツールを使いこなすことで勝率がアップする副業」と言う人もいるくらいです。

稼ぐ人たちは「移動平均線だけしか使わない」や「ボリンジャーバンドとMACDのみ参考にする」といった一定のルールを必ず設けていますので、初心者であれば上級者のやり方を複数真似してみて、自分に合ったルールを模索することが先決です。

初心者も安心できるFX会社

DMM FX(DMM.com証券)
DMM FX(DMM.com証券)
GMOクリック証券
本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた記事を掲載しておりますが、記事を参考にする際はご自身の責任のもと、ご利用いただくようお願いいたします。
公開日公開日 2008.05.29
更新日更新日 2015.04.07
執筆者Kirito Nakano

関連する記事

RELATED ARTICLES
時間を取られないスマートなFXとは?IFDやOCOで注文する
時間を取られないスマートなFXとは?IFDやOCOで注文する
初心者向けのFX講座 副業トレーダーに取材
1日中売買ができるFXですが、会社員や主婦など忙しい人のために事前に売買する方法を教えてください。事前売買にはいくつか種類がありますが、最...
為替レートが変動する原因!「1ドル=79円」になった理由
為替レートが変動する原因!「1ドル=79円」になった理由
初心者向けのFX講座 副業トレーダーに取材
初心者の方がFXで儲けるためには、FXに合った勉強すべきだと思っています。まずはどんなことを学べばよいでしょうか?FXとは経済指標と世界情...
【漫画】第17話「ローソク足の組み合わせで売買サインがわかる」
【漫画】第17話「ローソク足の組み合わせで売買サインがわかる」
マンガでわかるFX FXブラザーズ
三山、三川、三空、三兵、三法というローソク足の組み合わせは「酒田五法」と呼ばれ、江戸時代に本間宗久が制作したとされています。これにより本...
【漫画】第14話「FXは不正できる?嘘の噂やインサイダーなど」
【漫画】第14話「FXは不正できる?嘘の噂やインサイダーなど」
マンガでわかるFX FXブラザーズ
自分で売り買いして売買高を釣り上げる仮装売買、未確認の噂で第三者を騙す風説の流布、非公表の内部情報を使って売買するインサイダー取引は、FX...
【漫画】第20話「FXの失敗例!大損から破産した人まで」
【漫画】第20話「FXの失敗例!大損から破産した人まで」
マンガでわかるFX FXブラザーズ
大損する人の特徴は「①下がっても戻ると信じ込む、②取引ルールを守らない、③レバレッジを高くする」でした。どれも自己中心的な考...

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
FXとは?編集部
FXとは?編集部
EDITORIAL DEPARTMENT
FXの初心者向けに基礎知識、専門用語、テクニックを徹底解説。使いやすく低コストのFX会社で、収入を増やしましょう。

おすすめ会社

RECOMMENDED COMPANY

ピックアップ

PICKUP

部門別セレクト

DEPARTMENT SELECT

スポンサードリンク

SPONSURED LINK