FXでお金をしっかり稼ぐ
掲載中のFXノウハウ:150件以上

為替レートが変動する原因!「1ドル=79円」になった理由

為替レートは商品として変動する

為替レートは商品として変動する

初心者の方がFXで儲けるためには、FXに合った勉強すべきだと思っています。まずはどんなことを学べばよいでしょうか?

FXとは経済指標と世界情勢から成り立っているので、これらの勉強をすることは必ず役に立ちます。

ただ、知らないのであれば知らないだけチャンスを逃すというわけでもありません。きっかけが経済指標であり、世界情勢で変動しますが、それを元にした為替レートの動きはパターン化されていますので、何度も似たような経験するでしょう。

重要な経済指標の時間をチェックしておき、チャートの動きだけで稼いでいる人たちもたくさんいます。そのため、必ずしも経済全体に詳しくなる必要はないです。

やはり、初心者が最初の覚えたい知識としては「通貨=商品」という概念でしょう。為替レートが高くなったり安くなったりする仕組みは商品の価格変動と同じです。

商品と同じとは、各国の通貨も需要と共有の関係で売り買いされているという意味でしょうか?

はい。人気があれば需要は高まり、通貨の価格が上がります。供給量が増えると通貨安にもなります。

例えば、スタバのコーヒーが値上げしたとします。値上げできる理由は一般的に人気があり、消費量が伸びているから「問題はない」という経営戦略です。その背景には「原材料であるコーヒー豆の価格が上がった」などの要因もあるでしょう。

一方、マクドナルドの100円コーヒーのように、客寄せで「価格は100円」と決めることもあります。このように同じコーヒーでもそのときの需要や供給の量などで価格は変わりますし、そのコーヒーの特徴から価格もバラバラです。

通貨にもコーヒーのように需要と供給があり、その国の状態やいくつもの複合要因により、何度も価格が変動します。

人が「欲しい」と思うから為替変動が起こっているということですね。それは投資家の影響を強く受けているのでしょうか?

それもあります。通貨の実需とは「資本投資」と「貿易決済」です。資本投資とは例えば、日本が好況になると、海外から株式や不動産への投資が増えます。

そのとき、米ドルを日本円に替えて、株式や不動産を購入しますので、橋渡し役である日本円の人気が高くなり、円高になりやすいです。

資金が流入した国の通貨は上がり、流出した国の通貨を下がる仕組みです。このような各国の景気は毎月発表される「GDP」や「景況指数」で数値がわかります。

もう1つの「貿易決済」でも同じです。輸出をすると相手国から受け取った外貨を自国の通貨に両替します。

輸出量が増えるとその国の通貨価値を上げ、逆に輸入量が増えるとその国の通貨価値が下がります。これも毎月の「貿易収支」で発表されます。

資本投資と貿易決済は具体的な需要ですね。他に人気が変動する原因にはどんな種類があるのでしょうか?

次は「金利差」です。低金利通貨は高金利通貨に換えたほうが、利息が増えます。低金利の国で資金調達をして、高金利の国に流すとそれだけで得をします。

そのため、1カ月に1度ある各国の中央銀行による「政策金利」の発表で、為替が大きく動くときがあります。

また「失業率、雇用者数、物価指数」などの経済指標は評価できます。さらに税収と歳出のバランスである国家財政の健全性、外貨売買における政府の介入度、戦争や暴動、災害などの有事も原因にあげられます。

経済指標は毎月何度も発表されています。その度に各国の通貨が変動しますので、日本だけではなく、他国の情勢も自国に大きく影響してそうです。

日本が成長していれば、日本円の価値が高く、円高になりやすいです。一方、世界の通貨は米ドルが中心に回っていますので、日本円の価値が変わらなくても、米国の通貨の価値が下がれば、相対的に円高になります。

米ドル、ユーロ、日本円、英ポンドは「世界四大通貨」と呼ばれ、どれかが上がれば、どれかが下がっているケースがよく見られます。

需要と供給で価格が変化する通貨は、商品と似ていることがわかりました。逆に商品と異なる部分はありますか?

通貨が商品と違う特性は。心理的要因が強いことです。例えば「急激に上がったら、一旦下がる」や「長期的に伸びそうだから、下がっても元に戻った」などがあげられます。

このような心理的要因はチャートに強く反映されますので、大衆の考え方を見通した投資ができると、勝率が上がります。

米国の貿易赤字で「1ドル=79円」の円高になる

為替レートが変動する例はいくつもあると思いますが、過去に大きな円高を記録した1995年の「1ドル=79円」になったときは印象的でした。この理由は何でしょうか?

当時のアメリカ大統領はビル・クリントンでした。米国は現在もそうですが、1995年から貿易赤字がどうにもならない状況です。

一方、日本は基本的には貿易黒字の国であり、自動車メーカーが主導で大量に輸出しています。米国ではTOYOTAやHONDAをよく見かけますが、日本では米国車をあまり目にしません。

1995年は自動車だけではなく電化製品も含めて、日本が米国に商品を売っている状態でした。貿易で儲けていたので、円高にはなりやすかったわけです。

ただ「1ドル=79円」は貿易だけでは達成できない数字に思えます。米国は貿易赤字を何とかしたいために、円高になるように何か仕掛けたのでしょうか?

それに近いです。米国は「日本からの輸入量が多いのに、日本が米国の商品を買わないことが貿易赤字の原因」と考えました。

そこで1995年にクリントン政権は、米国の輸出が有利になるように「円高ドル安」します。米ドルの価値を一気に下げようと、為替レートの切り替え策を強行しました。

その結果「1ドル=79.75円」になり、米国では日本産の商品価格が跳ね上がります。

つまり「1ドル=79円」は米国政府の明確な意図があったのですね。それで米国の貿易赤字は解消されたのでしょうか?

いいえ。一時的に改善しましたが、貿易赤字は減りません。為替レートの改善だけでは難しいです。それどころか日本円以外に対してもあまりにドル安になってしまったため、米ドルの信頼性が揺らぐほどになってしまいました。

逆に米国は世界的に米ドルの価値を上げようとします。世界的に米国の権限が強いために、ある程度は米国に米ドルをコントロールされている感は否めません。

その結果、3年後の1998年に「1ドル=147円」まで円安ドル高になり、その後は「1ドル=100~130円」で落ち着きます。

ただ、2008年はサブプライムショックで再び米ドルの価値が下落し、円高ドル安で日本の輸出産業は痛手を喰らいました。このように為替レートは経済や貿易が強く影響しています。

為替レートは各国の意図が見え隠れしながら、経済状況で価格が変っていくことがわかりました。今後で特に注目すべき情報は何かありますでしょうか?

通貨が強くなる根本的な要因は貿易黒字です。貿易額が順調に増えていれば、その国の通貨は価格が上がります。

次に重要な指標ですと、非農業部門の雇用者数が有名です。農業従事者は別で統計を取るとして、農業以外で働く一般的な労働者の失業率が悪化すれば、自国の景気に対する信用性がなくなってしまい、通貨の価値が下がります。

他にもインフレ率が高いと通貨安を誘発しますし、GDPや鉱工業生産なども同じく予想より悪ければ、通貨安になります。

また、自国の通貨の指標は変わらなくても、世界の基軸通貨である米ドルが安くなったりすると、他の国の通貨が相対的に高くなるということも大切です。そのため、直接、米ドルを売買しなくても、米国の情報はチェックしましょう。

FXで勝つために必要な情報が多くて、特に初心者は大変に思えます。利益を得ている人は常に情報を把握しているのでしょうか?

いいえ。あくまで為替レートを変動させる要因がたくさんあるだけです。プロのトレーダーなどは常に売買するので、全ての情報を分析しますが、副業であれば自分が取引するだけチェックすればOKです。

また、私たちは経済指標が発表される直前に、その数値を予測して買うのではなく、発表直後のトレンドに乗るように売買すると利益が出やすいなど、数種類のやり方があります。その手法に合わせた情報収集をすれば問題ありません。

初心者も安心できるFX会社

本記事は2014年5月2日時点の情報です。本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた記事を掲載しておりますが、記事を参考にする際はご自身の責任のもと、ご利用いただくようお願いいたします。
ソーシャルメディアに投稿
初心者向けのFX講座に関連する記事
FX初心者の売買実績とは?連敗もありながら+255,600円

FX初心者の売買実績とは?連敗もありながら+255,600円

初心者向けのFX講座 基礎知識
CMでも有名なGMOクリック証券とDMM.com証券の2社に口座を開設したFX初心者の実際の売買実績を見てみましょう。2010月5月20日に「1豪ド...
専門家が解説!初心者がFX会社を選ぶ6つのポイント

専門家が解説!初心者がFX会社を選ぶ6つのポイント

初心者向けのFX講座 副業トレーダーに取材
初めてFX会社を選ぶときに、どうしても手数料を決め手にしがちですが、実際はどのように選べばいいのでしょうか?手数料を決め手にすることは正し...
チャートの見方に慣れる!売買シグナルを見極めることが目的

チャートの見方に慣れる!売買シグナルを見極めることが目的

初心者向けのFX講座 基礎知識
チャートとは売買タイミングが読み取れる大事なツールです。実際の売買に使われているチャートを見てみましょう。下記は取引ツールで定評のあるG...
テクニカル分析で勝率上昇!複数のチャートを使うとベター

テクニカル分析で勝率上昇!複数のチャートを使うとベター

初心者向けのFX講座 副業トレーダーに取材
チャートを活用したいのですが、FX初心者が抑えておきたいポイントはありますでしょうか?過去の通貨の値動きを参考に、現在の状況をパターン化し...
FX初心者の5つの利点!24時間スマホでトレード

FX初心者の5つの利点!24時間スマホでトレード

初心者向けのFX講座 基礎知識
FXには「スワップポイント、レバレッジ、24時間売買、格安の手数料、売りができる」の5つのメリットがあります。スワップポイントとは金利の安い...
人気ランキング 新着トピックス
FXが副業ランキングで第1位になった5つの理由
1
初心者向けのFX講座
2013.07.13

FXが副業ランキングで第1位になった5つの理由
記事ランキング 部門別セレクト カテゴリ一覧 推奨コンテンツ