世界各国の通貨の特徴!高金利国の通貨にもデメリットがある

基軸通貨である米ドルは取引高No.1

基軸通貨である米ドルは取引高No.1

FXで最も売買されている米ドルですが、その注目すべき特徴を教えてください。

米国は2度の世界大戦で経済大国になり、それ以降は世界の基軸通貨として主導権を握ってきました。例えば、私たちが南アフリカランドを買うときも、実は「日本円、米ドル、南アフリカランド」と米ドルを経由して交換しています。

基軸通貨ゆえに取引高はダントツで、FX初心者の中でも人気がある通貨だったりします。

では、米ドルはどんな要因で動くのでしょうか?米国政府はドル高やドル安を意図的に発生させているとも聞きました。

そうですね。米国政府はドル高やドル安をある程度コントロールできますし、過去に何度も調整してきました。

為替政策では1944年のブレトンウッズ会議、1971年のニクソンショック、1985年のプラザ合意は有名ですが、2009年に米国の中央銀行総裁が「米ドル安が望ましい」と発言すれば、2010年には米ドル安になりました。

要人が介すと、その発言に沿うように「量的金融緩和」などの政策が取られやすいです。ちなみに量的金融緩和とは市場に出回るお金の量を増やすことでお金の価値を下げてしまい、物価を上昇させたり、結果的にその通貨が安くなったりします。

いつの間にかそのような政策を取ることはなく、大抵は事前に方向性を示唆する要人の発言があるわけです。そのため、米ドルの最大の変動要因は「要人の発言」とも言えます。

なるほど。米ドルは基軸通貨であるがゆえに、他の通貨よりも特異な変動要因に思えます。要人の発言以外には何かありますでしょうか?

FXとは要人の発言内容に肉付けするような形で、経済指標が完成されていくことが多いですが、要人の発言による効力は一時的だったり、よく「口先介入」と呼ばれるように、口だけで実行しないこともあります。

やはり、実経済を表している「非農業部門雇用者数、中古住宅販売件数、消費者物価指数、ISM製造業景況指数」などの指標は注目度が高いです。

また、政策金利が上がるとドル高、下がるとドル安になりやすいため、米国の中央銀行である「FRB」は、米国経済と物価動向を安定させるために、政策金利を調整しています。

ただ、ここ数年における米国の政策金利は0.25%付近で固定化されていますし、動いても1%以下の低い状態は変わらないので、ユーロ圏の経済状態などの世界情勢で動くことのほうが多いです。

まとめると「要人発言、経済指標、世界情勢」の3つが、米ドルを動かす主要因になります。

米国に追いつきたいユーロの実力

ヨーロッパのEUで導入されているユーロの価値は高いのでしょうか?第二の基軸通貨と呼ばれながらも、ユーロ圏の情勢は不安定に思えます。

1992年に導入されたユーロですが、現在も米ドルに次ぐ取引規模を誇っています。よく「米ドルとユーロは逆の動きをする」と言いますが、これは米ドルの価値が下がったときに避難先にユーロを選んでいるということです。

リーマンショック前であれば、ユーロは米ドルの代わりにまでなってきたと言えるでしょう。その後はいくつかの国が足を引っ張り、不安定さを露呈しています。

今後はユーロが拡大していくのでしょうか?ポルトガル、イタリア、アイルランド、ギリシャ、スペインなど、財政危機に瀕する国が目立ちます。

米ドルは世界各国の貿易で使用されていますが、ユーロを使った貿易ではまだ発展途上です。2013年3月時点では、EUの加盟国は27カ国であるのに対し、EU加盟国でユーロを導入している国は17カ国に留まっています。

これはユーロに対する不信感があることも理由の1つです。一方でヨーロッパの小さな国であるバチカンやモナコなどでは、EUに加盟していなくてもユーロが使われています。

デンマークやイギリスなどの残りの国もユーロを導入すれば、ユーロは拡大して、価値が高まりますが、リーマンショック後の経済状況を考えたら、進捗は滞っているというよりも、ユーロを離脱する国が増える確率のほうが大きいです。

ユーロ相場の変動要因には何がありますでしょうか?米国と同じだとしても、ユーロには複数の国が集まっているので、各国の経済指標などをウォッチしないといけないように思えます。

ユーロも米ドルと同様に、EU代表や各国の主席などの要人の発言で多く値動きします。

ただ、経済指標はユーロ圏の中でもGDPが高いドイツ、フランス、イタリア、スペインの動向に注目です。特にドイツはユーロの50%以上を引っ張っています。

逆にイタリアとスペインなどは「ギリシャのような財政危機が起こるかもしれない」と不安視されています。

ユーロ全体としては、常時8.0%を超える高い失業率、GDP、鉱工業生産指数、生産者物価指数、消費者物価指数といった経済指標の影響力が強いです。

これも各国をウォッチするのではなく、ドイツとフランスだけでも構いません。他の国々の経済指標が改善しても、経済規模が小さいので特にユーロに価格変動は起こらないです。

逆に財政危機による国債利回りの上昇が目立つようになったり、暴動やデモ、失業率の上昇で何度もユーロ安に振れています。

特に日本人が好んで売買する人気の通貨

米ドルとユーロが市場で多く取引されている通貨であることがわかりました。それ以外のFXで売買されるメジャー通貨についてはいかがでしょうか?

FXで人気が高い通貨は、豪ドルとニュージランドドルでしょう。この2つは高金利通貨の代名詞でもあり、非常に似た値動きをします。

オーストラリアとニュージーランドは資源大国や貿易立国であるため、いきなりGDPが下方向になることは少ないです。事実、過去20年間においてもオーストラリアやニュージーランドなどの資源国のみが通貨高になっていて、その傾向は続くとされています。

スワップポイントで儲けるためには高金利が長く続き、GDPが顕著に推移していて、政局が安定している国の通貨を選ぶことが大切です。その点において、特に豪ドルは日本人がよく購入する通貨になっています。

その反面、為替レートは輸出先の景気に左右されます。オーストラリアの場合は例えば、中国が大きな輸出先になっていますので、豪ドルの上げ下げは国内事情というよりも国外事情、とりわけ中国が絡んでくるわけです。

例えば、現時点で豪ドルを保持したいのであれば、世界全体の景況感をウォッチしながら、特に中国の景気動向には気を配りたいです。

以前も中国の経済指標が悪化したときに、豪ドルが売られる展開がありました。高金利である国の通貨にも「他国の景気に敏感である」というデメリットはあることは認識しておきたいです。

オーストラリアは国民の年収も上がり続けており、魅力的な国です。FXとは英ポンド、カナダドル、スイスフラン、南アフリカランドのような人気の通貨ペアにも気軽に投資できる金融商品ですが、その辺はいかがでしょうか?

英ポンドは世界三大金融センターであるロンドン取引所が牽引しています。イギリスは金融立国ですし、2007年あたりまでは経済も順調でした。

しかし、リーマンショック以降は金融業に陰りが見え、失業率が高くて景気もよくありません。以前からそうですが、英ポンド自体にそこまで通貨としての役割はなく、投機的な売買のほうが多いくらいです。

そのため、英ポンドは価格変動が激しく、FXではアクティブユーザーに人気の高い通貨の1つになっています。

カナダドルは石油と貴金属の輸出国であるカナダのみで使われています。カナダの経済レベルは世界的にも優等生に属しているため、カナダドルも大幅な下落の心配がありません。長期的に保持できる通貨として認識しています。

ただし、地理的要因から米国への輸出量が多いために、アメリカ経済に左右されてしまいます。さらに資源価格の上下でカナダの貿易収支も変化しますので、世界のエネルギー事情には注視したいです。

スイスフランは永世中立国でEUとユーロの両方に加盟していないスイスで流通する通貨です。スイスは経済が安定しているので、ユーロが危機になったり、有事のときには安全資産、最近は投機の対象としても買われます。

しかしながら、スイスは輸出が要の国ですので、スイスフラン高になったときには、スイス政府が無制限でスイスフランを売りまくり、スイスフランを下げます。そのため、スイスフランは価格が上昇しても、一時的な伸びに留まります。

南アフリカランドは農業、鉱業、工業ともに伸び続けている南アフリカの通貨です。この国の経済成長は著しく、GDPも上昇しているために、インフレ懸念から金利を徐々に引き上げる政策をとっており、政策金利が高い水準で維持されています。

そのため、FXではスワップポイントを確保できる通貨として有名になりました。日本円を売って、南アフリカランドを10万通貨を買うだけで、1日あたり100円はスワップポイントが貰えます。

トルコリラ、メキシコヌエボペソ、アルブディルハム、オマーンリアルのような高金利のマイナー通貨はFXに有効でしょうか?

なかなか難しいところです。金利は5~6%を超えるのが当たり前で、スワップ派には持って来いの状態です。

しかし、政局や経済が不安定なために、いくら金利が高くても通貨そのものの価格が大幅に下落するリスクも背負っています。高金利の通貨ではメキシコヌエボペソもありますが、こちらも政局が安定していません。

例えば、ハンガリーフォリントは財政赤字と経済赤字で、アメリカより不安材料を抱えています。他にもイスラエルシェケルやタイバーツなど日本より高い金利の通貨がありますが、取引量が少ないためにいざというときに売買できない危険性もあります。

初心者も安心できるFX会社

DMM FX(DMM.com証券)
DMM FX(DMM.com証券)
GMOクリック証券
本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた記事を掲載しておりますが、記事を参考にする際はご自身の責任のもと、ご利用いただくようお願いいたします。
公開日公開日 2008.05.29
更新日更新日 2015.04.07
執筆者Kirito Nakano

関連する記事

RELATED ARTICLES
為替レートが変動する原因!「1ドル=79円」になった理由
為替レートが変動する原因!「1ドル=79円」になった理由
初心者向けのFX講座 副業トレーダーに取材
初心者の方がFXで儲けるためには、FXに合った勉強すべきだと思っています。まずはどんなことを学べばよいでしょうか?FXとは経済指標と世界情...
損する初心者が収益を得るコツ!最重要事項は売るタイミング
損する初心者が収益を得るコツ!最重要事項は売るタイミング
初心者向けのFX講座 副業トレーダーに取材
利用してみたいFX会社が決まったので、早速FXを始めたいと思います。やはり、なるべく損はしたくないのですが、初心者にありがちな失敗例などあ...
【漫画】第13話「FXのトレードスタイルは3つから選ぶ」
【漫画】第13話「FXのトレードスタイルは3つから選ぶ」
マンガでわかるFX FXブラザーズ
FXのトレードスタイルが決まれば、自ずと戦略が見えてきます。例えば、超短期取引のスキャルピングは長くても数十秒しか外貨を保持しないため、チ...
【漫画】第22話「FXまとめ!初心者でもわかる基礎知識」
【漫画】第22話「FXまとめ!初心者でもわかる基礎知識」
マンガでわかるFX FXブラザーズ
普通預金の金利は20年以上1%に届いていません。この金利が上がってしまうと、中小企業の借入金や住宅ローンなどの金利も同時に上昇し、景気が悪...
【漫画】第18話「相場とは?トレンド・レンジ・乱高下など」
【漫画】第18話「相場とは?トレンド・レンジ・乱高下など」
マンガでわかるFX FXブラザーズ
FXの初心者は「今日は米ドル/円で稼げる気がする」や「今度はユーロ/円を売買してみよう」など、自分の感覚で取引しがちです。しかし、FXでは「現...

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
FXとは?編集部
FXとは?編集部
EDITORIAL DEPARTMENT
FXの初心者向けに基礎知識、専門用語、テクニックを徹底解説。使いやすく低コストのFX会社で、収入を増やしましょう。

おすすめ会社

RECOMMENDED COMPANY

ピックアップ

PICKUP

部門別セレクト

DEPARTMENT SELECT

スポンサードリンク

SPONSURED LINK