簡単に使えるFXの取引画面!通貨ペアを選んで売買するだけ

ログインしてすぐに慣れる取引画面

口座が開設できたら、IDとパスワードで取引画面が見られるようになります。ここではGMOクリック証券の取引ツールを参考に説明します。

GMOクリック証券の取引ツール

取引画面には通貨ペア、取引保証金、スワップポイント、約定履歴、新規注文の入力ボックス、マーケット情報などがあります。

通貨ペアには買値「Bit」、売値「Ask」、高値「BitHigh」、安値「BitLow」、前日からの上昇率「Change」、始値「BidOpen」、スワップポイント「Swap」などが、一覧で表示されています。

この数字の多さに最初は戸惑ってしまいますが、見慣れてくると1度に通貨の変動を把握できるのでかなり使いやすく、相対的に通貨ペアを比較した売買もできます。

注文ボックス売買は簡単で米ドル/円などの通貨ペアやチャートを直接クリックすれば、注文ボックスが表示されます。

あとは取引単位やスリッページ、ロスカットのための逆指値レートを決めればOKです。これらは事前にデフォルトの設定ができるので、実際はワンクリックで注文できます。

ちなみに1万通貨を売買するときに必要な取引保証金は、米ドルであれば5,000円で足りますが、初心者はレバレッジ5倍以下に抑えたいので、できたら10万~30万円は入金しておきたいです。

また、口座状況にはリアルタイムで各通貨を保持金額の合計が表示されます。評価損益金や不足金も表示されますので、一目で資産を把握できます。

ローリスクで数をこなして練習する

実質的な手数料であるスプレッドが低いFX会社であれば、FX初心者の方はレバレッジを1~5倍程度に抑え、FX取引の回数を増やすことで経験を積みたいです。

例えば、注文方法にはIFD、OCO、IFOなどがあり、いずれ使うときが来るでしょう。これらを意図的に使えるようになると、事前に売買ができるので常に画面に張り付くことなくなります。

実際の取引では基本的にはその場の流れに任せる成行注文がほとんどかもしれませんが、まずは小額投資であらゆる注文方法に慣れておくことも「効率化」という面で大切です。

あとは自分が購入した通貨をチャートで追うことで、テクニカル分析も理解できるようにしたいです。

テクニカルチャートにも移動平均線から一目均衡表、ストキャスティスクスなど20種類以上があります。テクニカル分析で勝率上昇で解説している方法も試してみましょう。

FXとは「チャートで勝率が上がる」とも言われています。狭いスプレッドや通貨ペアの多さよりも、勝つためには高機能チャートを無料で提供しているFX会社を選ぶ人もいます。

例えば、下記はGMOクリック証券のチャートです。ボリンジャーバンドとMACDの2つを併用して、売買シグナルを拾っています。

GMOクリック証券のチャート

FXで他者に差をつけるためには、このようなプロも使っている高機能スペックな取引ツールが欠かせません。現在では初心者もすぐに慣れるほど、使い勝手や操作性が進化しています。

デモトレードにはないプレッシャーを経験

デモトレードにはないプレッシャーを経験

チャートの優劣は口座開設をして、アカウントを取得するまでわかりません。デモトレードでもある程度は判断できますが、デモトレードでは自己資金を使わない仮想マネーのみで、戸惑いや躊躇をほとんど感じることがないです。

そのため、デモトレードで「このチャートはあまり使いやすいとは言えない」と感じていても、本物のお金のやり取りが絡んでくると、急に扱いやすくなったりすることがあります。

逆にデモトレードで稼げても、本番環境では「このツールは信用できない」と思ってしまい、手が出せないこともしばしばです。

加えて、取引ツールにはリアルタイムのニュースを含め、たくさんの情報で溢れていますが、デモトレードでは臨場感がないので、せっかくの情報も邪魔に思えるかもしれません。

あまりの情報量の多さに「処理スピードが追いつかない」とも考えられますが、このような情報は少しずつ吸収できるようになります。知識に変えることで勝率が上がりますので、本当に使いこなすとしたら本番環境で経験値を積むことになるでしょう。

以上のことから、あらためて初心者がFX会社を選ぶポイントをあげると「実質的な手数料であるスプレッドが小さい」と「勉強できる無料のセミナーが充実している」ことに加え、やはり「高機能ツールの操作性と情報量が優れている」ことが大切です。

そういった点からGMOクリック証券DMM FX外為どっとコムなどがおすすめです。

また、株式もそうですが、FXでは経済指標を軸にするファンダメンタル分析と、数字やチャートを軸にするテクニカル分析の2種類があります。実はその両方に心理状態が絡んできます。

投資をするには「心理学も学ばなければいけない」と言われるほど、人の心の動きで相場は動いています。冷静な投資判断をかいて自己中心的な取引をすると負ける確率は高くなりますので、それを防ぐためにもチャートを信頼することが重要です。

FXとはギャンブルではないので、常に平常心で自分のお財布と相談しながら、楽しく資産運用をこなしていきたいです。

初心者も安心できるFX会社

DMM FX(DMM.com証券)
DMM FX(DMM.com証券)
GMOクリック証券
本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた記事を掲載しておりますが、記事を参考にする際はご自身の責任のもと、ご利用いただくようお願いいたします。
公開日公開日 2010.12.15
更新日更新日 2015.10.09
執筆者Kirito Nakano

関連する記事

RELATED ARTICLES
人気の投資ランキングでFXが第3位の理由!最適なFX会社は?
人気の投資ランキングでFXが第3位の理由!最適なFX会社は?
初心者向けのFX講座 FXの基礎知識
会社員がやっている投資ランキングでは1位が株式投資、2位が投資信託、3位がFXでした。会社員の約6人に1人はFXをしている計算です。FXの1番の...
経済指標の年間カレンダー!米国の非農業部門雇用者数に注目
経済指標の年間カレンダー!米国の非農業部門雇用者数に注目
初心者向けのFX講座 FXの基礎知識
為替レートは「経済、金利、為替、株式、物価、原油、有事」などでトレンドが変わりやすく、基本的には経済指標が発表されるたびに、必ず値動きが...
【漫画】第15話「逆指値注文とは?成行や指値との違い」
【漫画】第15話「逆指値注文とは?成行や指値との違い」
マンガでわかるFX FXブラザーズ
投資において「損小利大」は重要なルールの1つであり、FXでも逆指値注文を使うことで損失を小さくすることができます。例えば「1ドル=100円」で...
【漫画】第19話「ファンダメンタルズとテクニカル分析の意味」
【漫画】第19話「ファンダメンタルズとテクニカル分析の意味」
マンガでわかるFX FXブラザーズ
ファンダメンタルズの理念は「遠くのものは避けよ」であり、身近な通貨を売買することが基本です。経済指標、要人発言、地政学的リスクなど、その...
【漫画】第21話「スワップ金利とは?2つの通貨の金利差」
【漫画】第21話「スワップ金利とは?2つの通貨の金利差」
マンガでわかるFX FXブラザーズ
銀行の外貨預金とFXのスワップ金利は同じ仕組みです。例えば、日本円で豪ドルを購入すると金利差が発生して、どちらも差分が受け取れます。ただし、F...

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
FXとは?編集部
FXとは?編集部
EDITORIAL DEPARTMENT
FXの初心者向けに基礎知識、専門用語、テクニックを徹底解説。使いやすく低コストのFX会社で、収入を増やしましょう。

おすすめ会社

RECOMMENDED COMPANY

ピックアップ

PICKUP

部門別セレクト

DEPARTMENT SELECT

スポンサードリンク

SPONSURED LINK