新着コンテンツ

NEW CONTENTS
FX比較!総コスト・スマホアプリ・自動売買など重要10項目を比較
FX比較!総コスト・スマホアプリ・自動売買など重要10項目を比較
FX会社を徹底比較 FX会社の比較一覧
総合的に使いやすいFX会社は取引高の多さで判断できます。口座数や預かり金が多いFX会社は人気がある証拠です。初心者は全体的に高評価で有名なFX...
初心者も扱える自動売買ツールで比較!3ステップや選ぶだけでOK
初心者も扱える自動売買ツールで比較!3ステップや選ぶだけでOK
FX会社を徹底比較 FX会社の比較一覧
FXは株式投資や投資信託と同じ資産運用の1つとして人気です。スマホアプリの普及で通勤中や休憩中も気軽に取引できるようになり、特にユーザー数...
スマホアプリで比較!AndroidとiPhoneでスマートなFXができる
スマホアプリで比較!AndroidとiPhoneでスマートなFXができる
FX会社を徹底比較 FX会社の比較一覧
スマホトレードは携帯電話を使ったモバイルトレードのときよりも、格段に使い勝手が向上しています。さらに現在では株式投資はもちろん、FXもパソ...

閲覧ランキング

VIEW RANKING
人気の投資ランキングでFXが第3位の理由!最適なFX会社も解説
人気の投資ランキングでFXが第3位の理由!最適なFX会社も解説
初心者向けのFX講座 FXの基礎知識
会社員がやっている投資ランキングでは1位が株式投資、2位が投資信託、3位がFXでした。会社員の約6人に1人はFXをしている計算です。FXの1番の...
スプレッドで比較!買値と売値の差はFX会社への実質的な手数料
スプレッドで比較!買値と売値の差はFX会社への実質的な手数料
FX会社を徹底比較 FX会社の比較一覧
スプレッドとは為替レートに存在する「買値と売値の差」のことです。例えば、ニュース番組などで為替レートを報道する際に、米ドル/円が「1ドル=...
GMOクリック証券(FXネオ) - FX取引高で世界第1位
GMOクリック証券(FXネオ) - FX取引高で世界第1位
FX会社の詳細データ FX会社の詳細一覧
GMOクリック証券はFX取引高で4年連続世界第1位(2012年1月~2015年12月)を獲得しました。日本を含めた世界で最も使われてるFX会社です。さ...

FXの基本的な仕組み

外貨と日本円をタイミングよく交換する

FXとは外国為替証拠金取引(margin Foreign eXchange trading)の略であり、外国の通貨を売買することで、損益が発生する取引を意味します。

FXによる売買で損益が発生する仕組み例えば、海外に行くときに日本円を米ドルに両替します。為替レートが「1ドル=120円」とすると、12万円は1,000ドルです。

しばらくして日本に帰国したとき、手元の1,000ドルを日本円に戻します。そのときの為替レートが「1ドル=130円」なら、1,000ドルが13万円になります。

このように日本円で米ドルを買って、時間が経ってから売ることで、1万円の利益になりました。これを意図的に売買する仕組みがFXです。

金利が高い国の通貨は持っているだけでお得

日本の銀行に100万円を預けると、金利0.1%では年間1,000円の利息が付きます。しかしながら、外貨においてはその国ごとの金利が適用されます。

スワップポイントで金利差が貰える例えば、米ドルは1.0%、ユーロは2.0%、豪ドルは5.0%、英ポンドは0.5%のように、世界の国々によって金利が異なるわけです。

その結果、低金利国の通貨である日本円で、高金利国の通貨であるカナダドルや人民元を買うと、金利がより多く貰えます。この金利差をスワップポイントと呼びます。

仮に日本円で豪ドルを1万通貨買った場合、2015年1月時点では1日約80円が受け取れます。トルコリラや南アフリカランドならそれ以上です。

少ない資金でも大きな取引ができるFX

さらにFXの最大の特長は手元の資金を担保に、何倍もの金額の取引ができる「レバレッジ」が使えることです。

FXはレバレッジで25倍まで取引可能例えば、レバレッジを10倍にすれば、30万円で300万円分の外貨を取引できます。為替差益やスワップポイントも10倍になり、ハイリスクハイリターンの投資も可能です。

法改正でレバレッジは2010年に50倍、2011年に25倍と規制されましたが、従来からレバレッジは10倍程度までに抑えることが一般的ですので、特筆すべき影響はありません。

詳しくは人気の投資ランキングでFXが第3位の理由FX初心者の5つの利点FXに潜む3つのデメリットなどでも解説しています。

FXで得られる為替損益を計算

購入時(買い)と決済時(売り)の為替レートを想定して、私たちの為替損益の金額を計算します。初期資金はFX会社に預ける金額、売買単位は1000~100万通貨まで選べます。

通貨ペアの単位は為替レートに影響しませんので不要です。例えば「1ドル=100円」は100、「1南アフリカランド=14円」は14を入力します。

  1. 初期資金を入力して、売買単位を選びます。
  2. 購入時と売却時の為替レートを入力します。
  3. 計算ボタンを押します。
初期資金
売買単位
購入価格
売却価格

為替損益
年利

この為替差益以外にもスワップポイントで金利差益が発生します。1年間のスワップポイントで受け取れる金額を計算する場合はスワップポイントで増やすを参照ください。

FXとは日本で人気No.1の金融商品

チェック1

株式投資より有利な理由

少ない資金でも大きな取引ができるレバレッジと高金利国の通貨を保持することで貰えるスワップポイントがFXの魅力ですが、それ以外にも会社員や主婦にFXが適しているポイントがいくつかあります。

例えば、取引コストが安いことです。100万円分を取引するときのコストは、株式投資が500円以上、外貨預金が1,000円以上はしますが、FXは30~100円で済みます。さらにFXでは最小5,000円程度で売買ができますので、株式投資のような数十万円単位の資金も必要ありません。

株式投資と違って取引時間は土日を含めた24時間です。世界的に売買が盛んな時間帯が21~24時であるため、帰宅後の時間も有効活用できます。

何よりもFXは仕組みがシンプルです。基本的には上がるか下がるかの2択しかありません。株式投資のように数千種類の銘柄があるわけではなく、主に10~20種類の通貨ペアから選びます。その値動きを予測して利益を得るたちがたくさんいるわけです。

チェック2

知識が付くほど収入になる

FXには「リスクが高すぎる」や「すぐに損しやすい」といった間違ったイメージが散見されます。確かに億超えトレーダーや自己破産者がいることは事実ですが、彼らはレバレッジを何十倍にも設定した結果に過ぎません。

本来、FXとはコンスタントに利益が得られるリスクの低い投資です。レバレッジを数倍に抑えて、損切りルールを守ることで大損は防げますし、原則的にFX会社に預けた金額以上は負けることがありません。

初心者がFXで利益を出すには最初に適度に勉強することです。FXは上がるか下がるか50%の運頼みではありません。場当たり的な情報を鵜呑みにするのではなく、自分で積極的に知識を学ぶほうが有利に投資を進められます。

未経験者はオンラインセミナーで実践的なテクニックやプロのノウハウを習得したり、デモトレードで練習をしてから参入することも一般的です。FXは気軽に外国為替を売買できる仕組みですので、そのメリットとデメリットを理解して、分散投資の1つにしましょう。

チェック3

勉強できるFX会社を選ぶ

銀行を否定するわけではありませんが、手持ちの資金を超低金利の普通預金として眠らせておくことはもったいないです。私たちはコストパフォーマンスに優れたFX会社を選んで、積極的に外貨に投資していきましょう。

その際はスプレッドやスワップポイントだけではなく、スマホアプリ、取引画面やツールなどの操作性を知った上で資金を預けたいです。特に初心者の場合は動画解説の有無、無料セミナーの回数、コールセンターの対応なども、FX会社を選ぶ際の判断基準になります。

ただ、FXでは口座開設費や口座維持費などが無料ですので、気になるFX会社があれば複数の口座を持っても損をしません。中には会員限定の動画を見るためだけに特定のFX会社に会員登録をする人もいます。

また、FXとは希望的観測で行うようなギャンブルではなく、少しずつ勉強することで勝率が上がっていく金融商品です。FX会社を決めたあとは1分わかるFXの仕組みから着実に知識を付けていきましょう。

初心者も安心できるFX会社

DMM FX
DMM FX
GMOクリック証券

おすすめ会社

RECOMMENDED COMPANY

ピックアップ

PICKUP

部門別セレクト

DEPARTMENT SELECT

スポンサードリンク

SPONSURED LINK